ソニー、多様な撮影スタイルに対応したレンズ交換式XDCAMメモリーカムコーダーを発売

JCN Newswire / 2014年9月12日 17時27分

Tokyo, Sept 12, 2014 - (JCN Newswire) - ソニーは、4K Exmor(R) Super35㎜CMOSイメージセンサー(総画素数約1160万画素、有効画素数約880万画素)を搭載し、4K XAVCでの本体記録に対応※1すると共に、多様な撮影スタイルに本体のみでフレキシブルに対応する全く新しいエルゴノミックデザイン※2を採用した、レンズ交換式 XDCAM(TM)メモリーカムコーダー「PXW-FS7」(本体のみ)「PXW-FS7K」(レンズ付属)を発売します。本機はαマウントシステムに対応し、Eマウントを採用しています。

ソニーはこれまでCineAltaカメラ「F65」により8K大判センサーによる4K映画制作を牽引し、「PMW-F55」ではCMや国際的なスポーツ撮影などライブ制作まで、4K映像制作のフィールドを拡大してきました。そして、本機の導入により、ドキュメンタリー制作など、カメラワークに機動力を求められる現場にも4K大判センサーによる制作機会を拡げます。

型名: XDCAMメモリーカムコーダー「PXW-FS7」(本体のみ)
発売日: 2014年10月23日
メーカー希望小売価格: 980,000円+税

型名: XDCAMメモリーカムコーダー「PXW-FS7K」(レンズ付属)
発売日: 2014年12月
メーカー希望小売価格: 1,280,000円+税

型名: 拡張ユニット「XDCA-FS7」
発売日: 2014年11月
メーカー希望小売価格: 250,000円+税

型名: ライトウェイトロッドサポート「VCT-FS7」
発売日: 2014年11月
メーカー希望小売価格: 120,000円+税

本機は、4K Exmor Super35㎜CMOSイメージセンサーを搭載し、基準ISO感度2000の高感度、トータル14stopの広いダイナミックレンジ※3を実現しており、明暗差が大きい被写体や低照度な環境下の撮影でも、被写体の持つ魅力を余すことなく写し撮ります。また、600Mbpsの高ビットレート(4K/60p XAVC)による高画質な収録を実現すると共に、フルHDでは180fpsでの連続撮影により最大7.5倍のスローモーションが可能です。

さらに、拡張ユニット「XDCA-FS7」の装着により、RAW OUT端子やTime Code・ GenLock・DC-Out機能が拡張され、複数台撮影への対応など、より高度な収録にも対応します。「XDCA-FS7」と既発売のインターフェースユニット「HXR-IFR5」、RAWレコーダー「AXS-R5」を組み合わせれば、4K/2K RAW記録および、240fpsのハイスピード撮影(2K時)で最大10倍のスローモーションも可能になります。

記録面では、XAVC-Intra Frame、XAVC-Long GOP、MPEG-2 HD422の3種類の映像フォーマットに対応する他、「XDCA-FS7」を組み合わせることでProResフォーマットにも対応。※4制作予算やワークフロー等、用途に合わせて収録フォーマットを選択できます。

また本機は、コンパクトなカメラボディに回転・伸縮などが可能なグリップ、グリップアーム、ビューファインダー機構を搭載した全く新しいエルゴノミックデザインを採用。撮影シーンに応じて変化する、肩乗せ・ハンディ・ローポジションなど多様な撮影スタイルに、別装備(リグの装着)など煩わしいセッティングを必要とせず、本体のみでフレキシブルにアレンジが可能です。グリップおよびハンドルにはズームレバーを装備し、電動ズームに対応したEマウントレンズと組み合わせて滑らかなズーミングを可能とします。加えて、グリップには各機能・設定を出来るアサイナブルダイアル・ボタンも配置し、撮影姿勢を崩すことなくアイリスや感度の変更、拡大フォーカスなど様々な操作を行えます。

その他、操作系・端子の配置の工夫なども施し、あらゆる撮影スタイルでワンマンオペレーションが可能な高い機動性を実現しています。スタジオ撮影などでマットボックスやレコーダーのような別装備が必要な際には、ライトウェイトロッドサポート「VCT-FS7」(別売)を使うことで、システムアップした撮影が可能です。

本機はαマウントシステムに対応しており、Aマウント、Eマウント合わせて55種類に上る多彩で高性能なαレンズ群を活用できます。※5特にEマウントレンズは、動画時に求められる静音性、なめらかなオートフォーカス・絞り動作、パワーズームや手ブレ補正を搭載するレンズなど、動画撮影との親和性を確保しています。

なお、「PXW-FS7K」は、ソニーの業務用レンズのノウハウを凝縮した世界初※635mmフルサイズ対応のEマウント電動ズームレンズ「SELP28135G」(FE PZ 28-135mm F4 G OSS)を同梱しています。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201409/14-086/

※1: 発売時は、QFHD(3840×2160)解像度に対応します。4096×2160解像度の記録は、本体ファームアップデートにより対応します。
本体ファームアップデートは、2014年度第4四半期を予定。
※2: エルゴノミックデザイン:人間工学(エルゴノミクス)と呼ばれる研究分野に基づき、人がより自然に・無理なく・効率的に扱えるよう最適化された設計・意匠・デザイン。
※3: 被写体の暗い所から明るい所まで映像の黒つぶれや白とびが無く、撮影ができる範囲を指します。
※4: 本体ファームアップデートにより対応します。本体ファームアップデートは、2014年度第4四半期を予定。
※5: Aマウントレンズを使用するには、マウントアダプター「LA-EA4」や「LA-EA3」が必要です。
※6: レンズ交換式デジタルカメラ用のレンズとして。広報発表時点。ソニー調べ。

ソニー

詳細は www.sony.co.jp をご覧ください。



Source: ソニー

Copyright 2014 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング