ニフティ、ホームネットワークとクラウドを結ぶサービス事業者向けプラットフォームを提供

JCN Newswire / 2014年9月18日 16時9分

「スマートサーブプラットフォーム」を提供開始

Tokyo, Sept 18, 2014 - (JCN Newswire) - ニフティは、ホームネットワークとクラウドを結び、さまざまなサービスの提供に活用できるサービス事業者向けプラットフォーム「スマートサーブプラットフォーム」を、本日9月18日(木)から提供開始します。

昨今、“Internet of Things(モノのインターネット)”というキーワードのもと、パソコンやスマートフォンなどの情報・通信機器だけでなく、世の中に存在するあらゆるものがインターネットに接続される世界とその市場に注目が集まっています。家庭においても、その利便性からインターネットに接続して利用できる家電・AV機器・住宅設備の普及が進みつつある一方で、利用者側ではネットワーク設定に関する課題や、他者による通信の覗き見や不正アクセスなど、セキュリティに関する課題が挙げられています。

「スマートサーブプラットフォーム」は、当社の個人向けネットワークサービス「スマートサーブ(注1)」の提供に利用しているシステム基盤を、サービス事業者向けに提供するものです。
小型の専用機器(以下、サービスアダプター)を宅内のLANにつなぐだけで、ホームネットワークと当社データセンター内のクラウド環境をVPNで接続できるため、サービス事業者は、利用者に複雑なネットワーク設定を強いることなく、クラウド上で構築したシステムから各家庭に向けてさまざまなサービスを提供できるようになります。
また、通信の暗号化方式にはIPsecを、VPNの接続方式にはL2VPN(注2)を用いているため、セキュアなネットワーク環境下で、TCP/IPを含むさまざまなプロトコルによる双方向かつフラットな通信が可能です。これにより、ECHONET Lite(注3)対応機器などにもクラウドから直接接続できます。

なお、本日時点でサービスの提供に利用できるクラウド環境は、当社が提供するクラウドサービス『ニフティクラウド(注4)』です。今後は、他社のクラウドサービスにも対応する予定です。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.nifty.co.jp/cs/newsrelease/detail/140909004352/1.htm

注1)「スマートサーブ」
当社が2013年10月に提供を開始した、宅内のLANに接続されたさまざまな機器を外出先から安全かつ手軽に操作できるネットワークサービス。最大10台の端末から同時に宅内のLANに接続できる「モバイル接続機能」、宅内のLANに接続された機器を一覧で参照できる「接続機器管理機能」を提供。
- サービスページアドレス( http://smartserve.nifty.com/ )
注2)L2VPN
Layer2 Virtual Private Networkの略。遠隔地にあるLAN同士を接続するためのネットワーク技術。遠隔地のLANに繋がれた機器同士を、あたかも同じLAN内にあるかのように接続して通信できる。遠隔地間のネットワーク構築が容易、IP以外のプロトコルの利用が可能などの特長を生かし、主に企業の拠点間ネットワークなどで利用されている。
注3)ECHONET Lite
エコーネットコンソーシアム( http://www.echonet.gr.jp/ )が策定したスマートハウス向け制御プロトコルおよびセンサーネットプロトコル。
注4)『ニフティクラウド』
当社が提供するパブリック型クラウドコンピューティングサービス。仮想化されたサーバーリソースを必要なときに必要な分だけ、オンデマンドで利用可能。2010年にサービスを開始して以来、3,000件以上の利用実績(2014年4月末現在)があり、SLA99.99%の高信頼性が特長。
- サービスページアドレス( http://cloud.nifty.com/ )

富士通株式会社

詳細は http://jp.fujitsu.com/ をご覧ください。



Source: 富士通株式会社

Copyright 2014 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング