ソニー、スマホなどと連携しテキスト情報などを視界に重ねて表示する透過式メガネ型端末を開発

JCN Newswire / 2014年9月19日 17時26分

ソフトウェア開発キット(SDK)を提供開始

Tokyo, Sept 19, 2014 - (JCN Newswire) - ソニーは、対応スマートフォン※と連携し、テキスト、シンボル、画像等の情報を視界に重ねて表示する、透過式メガネ型端末 「SmartEyeglass(スマートアイグラス)」を開発しました。

※ 動作環境: Android 4.1以降。(カメラのビデオ機能を使用する場合はAndroid 4.3以降。)

SmartEyeglassは、搭載したCMOSイメージセンサー、加速度センサー、ジャイロスコープ、電子コンパス、照度センサー、マイクなどの多彩なセンシング機能と、連携したスマートフォンのGPSによる位置情報などを活用して、ユーザーの状況に応じた情報を提供できる端末です。ソニー独自のホログラム光学技術により、視野を遮るハーフミラーを使わず、85%の高い透過性を持った厚さ3.0mmの薄型レンズを実現しました。

また、単色表示のためカラーよりも低消費電力でありながら輝度が高く(最大1,000cd/m2)、様々な環境でもテキストが読みやすく視認性の高い表示が可能となります。

無線接続したSmartEyeglassとスマートフォンが相互にセンシングデータなど様々な情報をやりとりすることにより、スマートフォンのアプリケーション次第で、多彩な活用シーンが期待されます。見ている対象物から目を反らすことなく、ハンズフリーで情報を入手できるため、歩行中にナビゲーション表示を見たり、料理をしている時に手元から目を離すことなくレシピを確認したり、スタジアムでスポーツ観戦する時に選手を見ながら関連情報を閲覧するなど、より便利で楽しい生活を支援します。

開発者のユニークな発想に基づくSmartEyeglassの活用シーンの拡がりと、多様なアプリケーションの開発促進のため、ソフトウェア開発キット(先行リリース版)の提供を9月19日より開始します。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201409/14-090/

ソニー

詳細は www.sony.co.jp をご覧ください。



Source: ソニー

Copyright 2014 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング