マツダ、「国際福祉機器展 H.C.R. 2014」に福祉車両を出品

JCN Newswire / 2014年9月19日 17時33分

Hiroshima, Sept 19, 2014 - (JCN Newswire) - マツダ株式会社(以下、マツダ)は、2014年10月1日(水)から10月3日(金)に東京ビックサイト(東京都江東区)で開催される、「第41回 国際福祉機器展 H.C.R. 2014」(主催:全国社会福祉協議会、保健福祉広報協会)に、福祉車両を出品します。

「国際福祉機器展」は、ハンドメイドの自助具から最先端技術を活用した福祉車両まで、世界の福祉機器を一堂に集めた国際展示会であり、マツダは1995年からこのイベントに参加しています。

マツダは今回、福祉車両「マツダ i (アイ) シリーズ」として、軽自動車「マツダ フレアワゴン」ベースの「フレアワゴン スロープ式車いす移動車」、中型トールタイプミニバン「マツダ ビアンテ」ベースの「ビアンテ セカンドリフトアップシート車」を出品するほか、新型「マツダ デミオ」ベースの「デミオ 助手席回転シート車」を参考出品いたします。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.mazda.com/jp/publicity/release/2014/201409/140919a.html

マツダ株式会社

詳細は www.mazda.co.jp をご覧ください。



Source: マツダ株式会社

Copyright 2014 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング