ソニー、細胞の動きを非染色・非侵襲で定量評価するセルモーションイメージングシステムを発売

JCN Newswire / 2014年9月24日 17時29分

再生医療の研究や創薬支援に有用な非染色・非侵襲手法の実現

Tokyo, Sept 24, 2014 - (JCN Newswire) - ソニーは、細胞分析の手法として業界初となる、細胞の動きを非染色・非侵襲で定量評価する、動き検出技術を応用した新しいコンセプトのセルモーションイメージングシステムSI8000シリーズを発売します。

商品: セルモーション イメージングシステムSI8000シリーズ

モデル名: Cardio model(SI8000C 一式)
発売予定: 2014年12月
メーカー希望小売価格:3,000万円前後(オプションにより価格が異なります)

モデル名: Research model(SI8000R 一式)
発売予定: 2015年2月
メーカー希望小売価格: 2,000万円前後(オプションにより価格が異なります)

※ セルモーションイメージングシステムSI8000シリーズは、ソニー製品と他社製品を組み合わせたシステムインテグレーション製品です。

近年、創薬、再生医療、個別化医療の領域では、iPS細胞やES細胞などの幹細胞に対する医学・生物学研究の発展により、薬効薬理試験や疾患の原因解明を、細胞を用いて行う手法に注目が集まっています。

ソニーは、自社の強みであるイメージング技術を応用し、細胞の機能を評価するソニー独自の『細胞の動き解析アルゴリズムMotion Vector Prediction Method (MVP法)』を開発し、本システムに採用しました。細胞の動きに特化したチューニングを行うことで、精確かつ高速に細胞の動きを検出することができます。また、検出した動きの情報を用いることで、細胞の挙動を定量化するための様々なパラメータを算出することが可能です。

通常の培養状態のまま細胞を撮影し、その動画をMVP法により解析することで、従来は実現が困難とされてきた、特殊な培養容器や染色試薬を必要としない画期的な細胞機能評価ソリューションを実現しました。創薬・個別化医療・再生医療領域において、細胞を含めた生体組織を対象とした研究に、この分析手法を用いることで、従来では得られなかった知見をもたらすことが期待されます。

本システムでは、心筋細胞など動きを有する細胞において拍動伝播を可視化することができるため、不整脈を引き起こすような細胞間結合の異常や薬剤による影響を検証することや、ヒトiPS細胞由来の疾患モデル細胞について、その表現型を動きの観点から定量評価するなど、細胞評価における多くの利用シーンが想定されます。

また、創薬や再生医療の研究などで、細胞に対する染色を避けたい場合においても、非染色での細胞評価を可能にします。

ソニーは、メディカル事業においてライフサイエンス分野でも事業拡大を目指し、先端医療に貢献する革新的な研究手法や質の高い製品を提案していきます。

本製品は、「第73回日本癌学会学術総会」(9月25~27日・パシフィコ横浜)と「Safety Pharmacology Society」(10月19~22日・ワシントンDC・アメリカ)への出展を予定しています。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201409/14-093/

ソニー

詳細は www.sony.co.jp をご覧ください。



Source: ソニー

Copyright 2014 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング