三菱自、電気自動車「i-MiEV」・「MINICAB-MiEV VAN」を音楽イベントに貸与

JCN Newswire / 2014年9月24日 17時30分

中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2014

Tokyo, Sept 24, 2014 - (JCN Newswire) - 三菱自動車は、9月27日(土)、28日(日)に岐阜県中津川市中津川運動公園で開催される音楽イベント「中津川THE SOLAR BUDOKAN 2014」に、電気自動車「i-MiEV(アイ・ミーブ)」・「MINICAB-MiEV VAN (ミニキャブ・ミーブ バン)」を移動車および運搬車として貸与します。

「中津川THE SOLAR BUDOKAN 2014」は、事前に太陽光で蓄電した電気と、当日会場に設置する大量の太陽光パネルで発電した電気を組み合わせるなど、コンサートの運営に係る電力のすべてを太陽光発電でまかなう、100%ソーラーエネルギーを活用したクリーンなロックフェスティバルです。

三菱自動車は、その趣旨に賛同し、出演するアーティストやスタッフが6つのイベント会場(総面積34.4ヘクタール)を移動する移動車、イベントで使用する音響・照明機材などの運搬車として、電気自動車「i-MiEV」・「MINICAB-MiEV VAN」を計4台貸与することで、イベントをサポートします。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.mitsubishi-motors.com/publish/pressrelease_jp/index.html

三菱自動車工業株式会社

三菱自動車の企業コミュニケーションワード『Drive@earth』
地球を走る。地球と生きる。三菱自動車。

人とクルマ、社会とクルマ、地球とクルマの新しい時代を拓くために。いま、三菱自動車は挑戦を始めています。走行中のCO2排出ゼロ。地球温暖化防止に貢献する新世代電気自動車、i MiEV(アイミーブ)の世界投入。軽自動車で培った技術を存分に活用、燃費性能にすぐれたグローバル・スモールの提案。世界の環境基準をクリアしながら、走りの楽しさにあふれた三菱ならではの小型SUVの開発。さらに、新ディーゼルエンジンによるラリー参戦を通じて、走りと環境を両立する、新次元のクルマづくりを追求してゆきます。

私たちは信じています。私たちのクルマへの熱い想いと技術が、新しいクルマの価値をつくることを。ドライブ・アット・アース。走る歓びが永遠であるように。クルマが地球と共生できるように。

詳細はこちらからご覧ください。 www.mitsubishi-motors.co.jp



Source: 三菱自動車工業株式会社

Copyright 2014 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング