パナソニック、最大11.1chのサラウンドを楽しめるステレオヘッドホンを発売

JCN Newswire / 2014年9月26日 17時23分

カジュアルなデザインが着ける楽しさを演出

Osaka, Sept 26, 2014 - (JCN Newswire) - パナソニック株式会社は、DTS Headphone:X(TM)(※1)に対応した、最大11.1chの臨場感あるサラウンドを楽しめるステレオヘッドホンRP-HXS400を10月17日より発売します。

スマートフォンで音楽を聴くユーザーが増える中、当社は6月に米DTS社のヘッドホン用サラウンド規格Headphone:X(TM)に対応したヘッドホンをいち早く市場に投入いたしました。今般、臨場感ある高音質なサウンドを街中でよりカジュアルに楽しみたいというニーズにこたえるべく、同規格に対応し、洗練されたデザインのオンイヤー型ヘッドホンを発売、ラインアップの充実を図ります。

通常の2chヘッドホンとして楽しめるだけでなく、スマートフォンやタブレット端末を使って最大11.1chのマルチサラウンドを高音質で楽しむことができます。

当社は本製品を通じて、アウトドアでも臨場感あふれるコンテンツを、手軽にファッショナブルに楽しむ新しいリスニングスタイルを提案してまいります。

<主な特長>

1. 最大11.1ch DTS Headphone:X(TM)(※1)対応で本物の音に迫る臨場感を実現
2. 高磁力マグネット採用直径40mmドライバー搭載で、レスポンスの良いクリアなサウンドを実現
3. 光沢感のあるフラットメタルパーツ採用カジュアルデザインが着ける楽しさを演出

品名: ステレオヘッドホン
品番: RP-HXS400
希望小売価格: オープン価格
発売日: 10月17日
色: -D(オレンジ)、-K(ブラック)、-W(ホワイト)、-A(ブルー)
月産台数: 5,000台

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://panasonic.co.jp/corp/topics.html

※1: 米DTS社が開発したヘッドホン用の最新サラウンド規格。2chのヘッドホンで最大11.1chのマルチサラウンドを楽しめます。DTS Headphone: X(TM)の効果を楽しめるのは、DTS Headphone: X(TM)用に編集された専用コンテンツを専用アプリで再生した場合のみです。専用コンテンツは別途お買い求めいただく必要があります。

パナソニック株式会社

パナソニックは、部品から家庭用電子機器、電化製品、FA 機器、情報通信機器、および住宅関連機器等に至るまでの生産、販売、サービスを行う総合エレクトロニクスメーカーです。

パナソニックは、2018 年の創業100 周年に向けて、エレクトロニクスNo.1 の「環境革新企業」を目指します。全事業活動の基軸に「環境」を置き、世界中の次の世代の人たちのために、全世界で起こりつつある「グリーン革命」を、先頭に立って推進してまいります。

当社に関するさらなる情報は、 http://panasonic.co.jp をご覧下さい。



Source: パナソニック株式会社

Copyright 2014 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング