シャープ、狭額縁デザインの55V型インフォメーションディスプレイを発売

JCN Newswire / 2014年11月12日 16時55分

Osaka, Nov 12, 2014 - (JCN Newswire) - シャープは、フレーム幅3.5mm※1の狭額縁デザインを実現し、大画面マルチディスプレイシステムで4K表示も可能な55V型インフォメーションディスプレイ「PN-V551」を発売します。

本機は、複数のディスプレイで一つの大画面を構成するマルチディスプレイシステム用のディスプレイです。隣接するディスプレイ間のつなぎ目がわずか3.5mmのため、境界線が目立ちにくく、より自然な映像表示が可能です。また、本機を4台使用したマルチディスプレイシステム※2を構成すれば、約110V型相当の大画面で4K映像をそのまま表示することもできます。

さらに、複数のディスプレイで色ムラや輝度ムラが発生した場合も、当社独自の補正技術(SHARP UCCT※3)により高精細・高精度で輝度と色の均一な表示を実現するので、大画面で迫力ある映像演出が可能です。

主な特長

1.フレーム幅3.5mmの狭額縁デザインを実現
2.約110V型相当の大画面マルチディスプレイシステムで、4K映像をそのまま表示可能
3.ディスプレイの色ムラ・輝度ムラを大幅に低減する、独自の補正技術(SHARP UCCT)を搭載

品名: インフォメーションディスプレイ
形名: PN-V551
希望小売価格: オープン
発売日: 2015年2月中旬
月産台数: 1,500台

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.sharp.co.jp/corporate/news/141112-a.html

※1 隣接するディスプレイ間のフレーム幅。最小設計寸法であり、ディスプレイ間の隙間は含みません。
※2 縦2台×横2台の4画面表示。
※3 SHARP Uniform Color Calibration Technology の略。色ムラ補正により、輝度は低下します。

シャープ株式会社

詳細は www.sharp.co.jp をご覧ください。



Source: シャープ株式会社

Copyright 2014 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング