ソニー、像面位相差AF信号処理機能搭載で高速AFを実現した積層型CMOSイメージセンサーを商品化

JCN Newswire / 2014年11月17日 17時29分

Tokyo, Nov 17, 2014 - (JCN Newswire) - ソニーは、カメラ機能の高画質化が進むスマートフォンなどに向けて、小型化と画質、機能の向上を実現した有効2100万画素の積層型CMOSイメージセンサーExmor RS(TM)「IMX230」を商品化しました。

本イメージセンサーは、スマートフォン向けのCMOSイメージセンサーとして業界で初めて※1、動きの速い被写体へのフォーカス追従性に優れた像面位相差AF信号処理機能をCMOSイメージセンサー上に搭載しました。また逆光など明暗差が大きい環境下でも、背景と被写体を色鮮やかでクリアに撮影するHDR(ハイダイナミックレンジ)機能が、新たに高解像度の静止画や4K動画撮影にも対応しました。

本イメージセンサーは2015年4月から順次出荷を開始します。

Exmor RS(TM)は、裏面照射型CMOS イメージセンサーの従来の支持基板の代わりに信号処理回路が形成されたチップを用い、その上に裏面照射型画素が形成された画素部分を重ね合わせた、独自の「積層型構造」を採用し高画質化・高機能化・小型化を両立したCMOSイメージセンサーで、ソニーが2012年に初めて商品化しました。

今回商品化した1/2.4型の「IMX230」は、積層型として画素数を有効2100万画素へと大幅に向上しており、また新開発の信号処理機能を搭載しました。これによりスマートフォンでの撮影においてニーズの高い、高速オートフォーカス(像面位相差AF)や、逆光の撮影環境などでも明暗部を明瞭に映し出す高画質(HDRイメージング)を実現しています。「像面位相差AF」はミラーレス一眼カメラなどに採用されている技術であり、「HDRイメージング」は新たに静止画撮影と4K(4096×2160)の高解像度動画撮影にも対応しました。

なお、今回の「像面位相差AF」と「HDRイメージング」機能を搭載した積層型イメージセンサーは、来年度中に有効1600万画素のラインアップ展開も予定しています。

「IMX230」の主な特長

「像面位相差AF」
動きまわる子供やペット、スポーツシーンなどの静止画・動画の撮影時に、素早く被写体を捉え、かつ追従性に優れた高速なオートフォーカスを可能にする機能です。イメージセンサーの画面に離散的に像面位相差AF専用画素を埋め込み、この専用画素から得られた情報をもとに、被写体までの距離(測距)や、フォーカスを合わせるためのレンズ位置を計算します。測距点は、最大192点まで出力することが可能です。

これらを積層型CMOSイメージセンサー内部の信号処理回路で瞬時に行うことで、スマートフォンなどでも手軽に速い動きの被写体の撮影を楽しむことができます。

「HDR(ハイダイナミックレンジ)イメージング」
逆光など明暗差が大きいシーンでも、ハイライトからシャドー部分まで階調豊かに再現した静止画・動画撮影を楽しめる機能です。この機能は、2種類の露出条件を設定し、それぞれの条件で得た画像情報に対し適切な信号処理を施すことで実現しました。

今回の新たな「HDRイメージング」機能は、従来※2から画素の配置と信号処理を進化させることで、動画撮影に加え、要望の高い静止画撮影にも対応しました。これにより解像度を高めながら、ダイナミックレンジの広い画像を生成することで、逆光などの環境においても背景と被写体を色鮮やかに撮影し、高い視認性で再現します。

なお本機能は、4K(4096×2160)の高解像度動画撮影にも対応しています。

型名: 1/2.4型有効2100万画素※3 積層型CMOSイメージセンサー「IMX230」
量産出荷時期(予定): 2015年4月
サンプル価格(税抜き): 2,100円

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201411/14-112/

※1 2014年11月17日広報発表時
※2 2012年1月23日に発表した「HDRムービー」機能は、動画撮影時のみ対応。
※3 イメージセンサーの有効画素規定方法に基づく

ソニー

詳細は www.sony.co.jp をご覧ください。



Source: ソニー

Copyright 2014 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング