プレステージ・インターナショナル、EIS Groupのコア保険ソリューションの展開に成功

JCN Newswire / 2014年11月21日 12時32分

ソフトウェアにより自動化を促進し、クレームエージェントサービスのコストを節減

TOYKO, JAPAN and SAN FRANCISCO, CA, Nov 21, 2014 - (JCN Newswire) - EIS Group, Inc. (formerly Exigen Insurance Solutions)は、日本の自動車業界向けビジネスプロセスアウトソーシング(BPO)サービスのトッププロバイダ、プレステージ・インターナショナルが、同社の保険ソフトウェアスイートの一部であるPolicyCore(TM)、ClaimCore(TM)、およびCustomerCore(TM)を無事に実装したことを発表します。

1986年に設立されたプレステージは日本で最大のロードアシストサービスプロバイダです。プレステージはまた、自動車メーカー向けにクレームエージェントおよび管理サービスも提供しており、新車と中古車の延長保証も扱っています。この技術イニシアチブのビジネスケースを開発するにあたって、同社は自動化レベルの低さ、人手による処理や急場しのぎの作業が、特に自動車延長保証商品関連のクレームエージェントサービスの提供コストを増やす原因になっていると述べました。

「弊社ではもちろん業務効率の向上を求めていましたが、今回のシステムの最新化によって自動車メーカーの顧客向けのクレーム管理コストも削減できることもわかっていました。」と、プレステージ・インターナショナル代表取締役の玉上進一は述べました。「自動クレーム内容審査は、今までのところ成功しています。新しいソリューションはディーラーシステムとシームレスに統合されており、一回のサインオンでクレーム提出が可能なため、すでに業務コストの減少が始まっています。」

プレステージは、日本の代表的な自動車メーカー1社に対して、ディーラー400社とユーザー3,000人以上にClaimCoreを展開しました。プレステージではClaimCoreで提供する応対プロセスをサポートする裏方業務フローを支援するために、PolicyCoreとCustomerCoreも実装しました。この最新化プロジェクトには、ディーラーポータルの展開も含まれていました。EIS Suiteを支える最新の統合技術により、プレステージのスタッフ、顧客、およびパートナーでの普及率は短期間で増加し、ソリューションが使いやすいという声も聞かれました。

「プレステージのプロジェクトが短期間に成功したことをたいへんうれしく感じています。」と、EIS Group製品管理SVPのRick Kooは述べました。「プレステージが今後このモデルを日本の他の自動車メーカーや保険会社にも展開する際にも、さらに協業を行うことを楽しみにしています。」

EIS Suiteはグローバル市場向けに設計・展開されており、多くの言語や通貨での業務をシームレスにサポートします。プレステージによる実装やその後の展開は、EIS Suiteの日本向け初ローカライズとして記念すべき事例です。

EIS Group, Inc.について

EIS Group (旧称Exigen Insurance Solutions)は保険コアシステムのグローバルプロバイダで、保険会社の成長を可能にし、業務効率とコスト効率の目標達成を支援する機能を提供しています。お客様は、迅速で拡張可能なソリューションを達成するために、マルチラインプラットフォームを展開しています。EIS Suite(TM)コンポーネントソリューション -- PolicyCore(TM)、BillingCore(TM)、ClaimCore(TM)およびCustomerCore(TM) -- は、格付け、保険引受、ポリシー管理、保険金給付、請求、保険販売、DRMなど業界でもっとも包括的なend-to-end機能を提供します。EIS Groupの本社はサンフランシスコにあり、南北アメリカ、ヨーロッパ、およびアジア太平洋地域で事業を行っています。詳しい情報は www.eisgroup.com をご覧ください。

メディアお問い合わせ先:
Jennifer Overhulse
St. Nick Media Services
jen@stnickmedia.com
+1-859-803-6597

EIS Group, Inc.





Source: EIS Group, Inc.

Copyright 2014 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング