マツダ、「マツダ タイタン」を一部商品改良し発売

JCN Newswire / 2014年11月28日 17時7分

主要モデルは「平成27年度燃費基準+10%」を達成

Hiroshima, Nov 28, 2014 - (JCN Newswire) - マツダ株式会社は、「マツダ タイタン」を一部商品改良し、全国のマツダ系、マツダアンフィニ系販売店を通じて、本日より発売します。

今回の一部商品改良では、エンジン本体の改良に加え、補機類の刷新といった商用車における新技術を採用することで、重量車モード燃費*1を向上*2。全車で「平成27年度燃費基準達成」と「低排出ガス車*3」の認定を受けました。

また主要モデル*4においては、新アイドリングストップ&スタートシステム「ecostop(エコストップ)*5」を標準装備することで、「平成27年度燃費基準達成」を上回る、「平成27年度燃費基準+10%」を達成。エコカー減税(自動車取得税および自動車重量税の免税)の対象となりました。

■「マツダ タイタン」一部商品改良の概要は以下のとおり

低燃費に貢献する装備の見直しを行い、燃費を向上

- 3.0Lディーゼルエンジンは低圧縮比化を行い、新インジェクターを採用。
- 新アイドリングストップ&スタートシステム「ecostop」を平ボディ車・バンシャシ車に標準装備。重量車モード燃費値で5%程度の燃費向上が見込まれるとともに、「ecostop」付車は重量車モード燃費の向上により、減税ランクがアップ(一部車型を除く)。
- 積載状態や道路勾配を判別し、自動的に馬力制御や加速度制御を行う「ECONOモード」をディーゼルMT車に追加。きめ細かくエンジンを制御し低燃費運転が可能。
- 可変容量パワーステアリングポンプの採用や6速トランスミッションギヤ比を見直し、燃費を向上。

エクステリアデザイン、インテリアデザインを変更

- ラジエーターグリルを刷新し、より先進性を強調するとともに、躍動感をイメージしたフロントマスクに変更。
- インテリアのシートデザインも変更。

■「マツダ タイタン」の特徴は以下のとおり

全車で「平成27年度燃費基準」を達成

- 平ボディの「ecostop」付車(車両形式「TRG-」車)では、「平成27年度燃費基準+10%」を達成。低排出ガス認定制度とあわせて自動車重量税・自動車取得税が免税となります。
- 車両形式「TPG-」車では、「平成27年度燃費基準+5%」を達成。低排出ガス認定制度とあわせて自動車重量税が75%減税、自動車重量税が80%減税となります。
- 上記以外の車両形式においても、「平成27年度燃費基準」を達成。低排出ガス認定制度とあわせて自動車重量税が50%減税、自動車重量税が60%減税となります。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.mazda.com/jp/publicity/release/2014/201411/141128a.html

*1 エンジン燃費を実測し、代表的な標準車型に置き換えてシミュレーションにより算出した国土交通省審査値。
*2 写真掲載のモデルで、0.8km/Lの燃費向上(重量車モード燃費)
*3 低排出ガス車の認定は、世界で最も厳しい水準である平成22年排出ガス規制に対し、さらにNOx・PMとも10%以上低減する低排ガス基準を満した車両に与えられる制度。
*4 平ボディのエコストップ付車(2~3トン積2WD全車および4WD車両型式「TRG-」車)
*5 車両停止時にクラッチペダルの操作のみでエンジンの自動停止&再始動が可能となる技術。従来のアイドリングストップ&スタートシステムでは必要だったパーキングレバーの操作が不要となるため、アイドリングストップがより実践し易くなり、いっそうの燃費向上、排出ガス削減に貢献します。

マツダ株式会社

詳細は www.mazda.co.jp をご覧ください。



Source: マツダ株式会社

Copyright 2014 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング