エーザイ、中国江蘇省蘇州市に新たな注射剤生産工場を竣工

JCN Newswire / 2014年11月28日 17時12分

Tokyo, Nov 28, 2014 - (JCN Newswire) - エーザイ株式会社(本社:東京都、代表執行役CEO:内藤晴夫)は、このたび、中国江蘇省蘇州市に新たに生産施設(以下、「新工場」)を竣工しましたのでお知らせします。

当社は従来、中国国内向けの固形剤の生産および包装の拠点として蘇州工場を保有しておりますが、今後も成長が期待される中国市場の主力製品である末梢性神経障害治療剤「メチコバール(R)」注射剤の伸長に伴い、同剤の現地における安定供給体制の構築と、中期的な視点での生産活動の効率化による原価低減を実現するため、新工場を建設しました。

新工場は蘇州工業園区内に新たに購入した約134,000m2の土地に建設された、地上2階建て、延床面積約3,300m2の注射剤生産施設です。初期設備として「メチコバール」注射剤を年間最大約6,000万本生産することが可能な生産ラインを備えています。また、将来的には新工場で生産した注射剤を他のアジア諸国、中南米等に供給することも視野に入れており、新工場はグローバルな生産拠点としての一翼も担います。

世界第3位の市場規模をもつ中国は、当社にとってグローバルビジネスの成長を牽引する主要国となります。新工場の竣工により、市場成長が著しい中国およびその他新興国への高品質な製品の安定供給体制を強化し、より一層の患者様貢献を果たしてまいります。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.eisai.co.jp/news/news201471.html

エーザイ株式会社

エーザイ株式会社は、研究開発型のヒューマン・ヘルスケア(hhc)企業で、グローバルに研究・製品の開発・販売活動を行っている。エーザイは、神経・精神領域を含むインテグレーティブ・ニューロサイエンス、がん治療と支持療法を含むインテグレーティブ・オンコロジー、血管・免疫反応領域の3つの治療領域に活動を集中し、世界各地にある研究、生産、販売拠点を通じて、世界の患者様に貢献している。エーザイ株式会社の詳細情報は www.eisai.co.jp をご覧ください。



Source: エーザイ株式会社

Copyright 2014 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング