CICC、Institutional Investor誌の2014年全中国リサーチチームランキングで第1位に

JCN Newswire / 2014年12月9日 11時52分

セルサイドエクイティアナリストの年間ランキングでは、クレディ・スイスとUBSモルガン・スタンレーが大躍進

NEW YORK, NY, Dec 9, 2014 - (JCN Newswire) - Institutional Investor誌による中国の大手セルサイドエクイティアナリストの第3回年間ランキングで、中国国際金融有限公司(CICC)が、2014年全中国リサーチチームで第1位となりました。同社のリサーチャーは調査対象の20セクター中の18セクターで、最低1件、時には複数件のポジションを獲得しました。

結果全文は、 www.institutionalinvestor.com/rankings をご覧ください。

バンクオブアメリカ・メリルリンチは合計を2件減らして14件となったものの、第2位に返り咲きました。クレディ・スイスは1位上昇して第3位となりましたが、この順位のわずかな上昇の陰に大量の得点がありました。チーム合計点はほぼ倍増し、6件から11件となりました。これを唯一上回ったのは同じスイスの銀行のUBSだけで、合計を3件から10件に増やしました。後者は第9位から第4位へと急上昇し、今年もっとも順位を上げた企業となりました。

第5位はモルガン・スタンレーで、合計を3件増やして8件となり、1位上昇しました。

今年のチームには18社が名を連ねましたが、そのうち3社(バークレイズ証券、DBS Vickers SecuritiesおよびSWS Research Co.)は昨年名前が挙がりませんでした。

バンクオブアメリカ・メリルリンチは全体で第2位になったものの、セクター別で首位になった件数は第1位でした。それぞれのカテゴリーで首位となった同社のアナリスト6人は、次のとおりです。コングロマリットではCheong-Ga (Karl) Choi、ポートフォリオ戦略ではDavid Cui、インターネットではWai (Eddie) Leung、経済性ではTing Lu、一般消費財ではChen Luo、電気通信ではXinnian (Sydney) Zhang。

CICCは、この評価基準では第2位になりました。首位となった同社のリサーチャー5人は次のとおりです。一次材ではZheng Gao、エネルギーではBin Guan、銀行ではJunhua Mao、保険ではShengbo Tang、インフラおよび運輸ではXin Yang。

2014年全中国リサーチチームは、推定5840億米ドルの中国株式を管理している約410の金融機関の投資専門家850人弱の意見を反映しています。

詳しい情報は、Alyssa Walkerまでメール( awalker@iiresearchgroup.com )または電話(+1-212-224-3677)でお問い合わせください。

Institutional Investorについて

今年50周年に当たるInstitutional Investor誌は、世界で最も最先端の金融出版物のなかでも、世界中の読者に欠かせない情報を画期的な記事と鋭い筆致でお届けしていることで有名であると、常に自負し続けてきました。さらに、Institutional Investor誌では、信頼のおける業界ベンチマークとなるような多くの独自調査やランキングをお届けしています。詳しい情報は、 www.institutionalinvestor.com をご覧ください。

お問い合わせ先:
Alyssa Walker
awalker@iiresearchgroup.com
+1-212-224-3677

Institutional Investor





Source: Institutional Investor

Copyright 2014 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング