SparkLabsの第4期で、9社が卒業

JCN Newswire / 2014年12月11日 12時37分

ソウルで開催されたSparkLabsデモデイでは、韓国のスタートアップ熱を反映して、900人以上が参加登録

Seoul, South Korea, Dec 11, 2014 - (JCN Newswire) - SparkLabs ( www.sparklabs.co.kr )の第4期の企業が、熱狂的関心の集まるデモデイに卒業します。900人以上の方が、デモデイイベントに参加登録しました。

「韓国には30,000社以上のスタートアップ企業があり、SparkLabsの評判もアジアで高まっていますが、我々スタッフはデモデイでの関心の高まりにはいまだに驚かされます。真に標準的なアクセラレーターデモデイイベントには、米国、ヨーロッパ、アジア全土から人々が駆けつけました。」と、SparkLabsのシニアアソシエートのSophia Choiは述べました。「どんな国でもスタートアップと起業家精神はまさにイノベーションと経済成長の主な推進要因ですので、弊社スタッフは、今回そして今までの卒業企業に誇りを持っています。我々の仕事は、韓国、米国そして世界の他の国々に長期的な影響を与える見込みのあるこのような企業が、種をまき育てる手伝いをすることです。」

デモデイでは次のSparkLabs第1期卒業生が講演をしますが、彼らは現在、韓国のスタートアップエコシステムをリードするいくつかの企業となっています。5Rocks共同設立者で韓国で有名な連続起業家のChester Rohと、Memebox創設者でCEOのDino Ha、KnowRe共同創設者で共同CEOのYJ Kim。5Rocksは最近Tapjoyに買収され、Memeboxは昨冬のY Combinatorバッチで「トップ3」企業のひとつと見なされ、米国と中国で急成長しています。KnowReは最近、680万米ドルのシリーズAラウンドをクローズし、Fast Companyによる世界で「もっとも革新的な教育企業トップ10」に選ばれました。

デモデイでプレゼンテーションを行うSparkLabsの第4期卒業企業は次のとおりです。

HUD Technologies: HUDは、見取図をシンプルに使用して、建物の3D画像と仮想現実をレンダリングする新技術を開発しました。パノラマカメラを使って建物全体の画像を生成する従来手法を使用する代わりに、革新的なアルゴリズムモデリング技法を活用します。HUDのアルファ版は現在ウェブで利用可能で、公式ベータ版は2015年5月までに利用可能になります。現在までにソウル江南区で4,500か所のアパートの3Dモデルを作成し、2015年後半までに韓国の450万件の住宅施設の3Dデータを収集する予定です。

Water Strider (旧称Open21): Water Striderは、表面およびスペース用の高解像度高スペクトルの新型タッチセンサを発明しました。この革新的技術は、家電、ロボティクス、重工業などの多くの分野に応用できる可能性があります。この技法は、センサを活用しているさまざまな種類の市場が、直面している技術およびコストの課題の解決に使用できます。Water Striderの研究開発チームは、2015年半ばまでにASICチップを商用開発する予定です。

Beacon Doctor: 中国成都に本拠を置くBeacon Doctorは、医師および医療関係者によるコラボレーションとコミュニケーションの効率を向上するモバイルおよびクラウドベースのソリューションの提供を目的としています。Beacon Doctorには、Dynamic Directory、Cloud Storage and Search、およびMedical Network Service (MNS)の3つの主な機能があります。Beacon Doctorは12月末にiOSアプリを発売予定です。

Vengine: Vengineは対話型求職アプリで、ユーザーのスキル、ワークスタイルおよび目標に基づいて求人案件のガイドをします。多様なリアルタイムデータポイントを収集することで、Vengineは求職者と企業を最適な形でマッチングさせ、それによって企業にブランドイメージと採用戦略についての分析と知見を提供します。Vengineは来年前半にモバイル製品を発売予定で、企業と求職者がお互いを見つける方法を革新するという同社のミッションに協力してくれるパートナーを探しています。

Stayes ( http://www.stayes.com ): Stayesは、長期賃貸物件を探している消費者と空き部屋を結びつけるウェブおよびアプリベースのプラットフォームです。消費者は従来市場の相場より60%安い家賃で、最短で2週間から1年以上、部屋を借りることができます。Stayesは2014年9月のサービス開始から急成長を続け、中国のお客様から2,000件以上の問い合わせを受けました。Stayesは現在ソウルを本拠に、71部屋の所有と管理を行い、近い将来にグローバル拡大する予定です。

N.thing ( http://www.nthing.net ): N.thingは、食品消費の質を向上する革新的なIoT製品の開発に力を注いでいます。N.thingの最初の製品のPlantyは、インターネット接続ガーデンポットで、生活に新しいスマートなスタイルをもたらします。

Plantyのリモート水やり機能や、デバイスから収集したデータやユーザー行動の分析機能によって、ユーザーは革新的でスマートなガーデニング体験ができます。また、ポットに自動無線接続するPlantyモバイルアプリの農業データやガーデニングコミュニティも利用できます。Plantyは2015年1月にKickstarterから発売されます。

Onnuri DMC: Onnuri DMCは、Cross Targetというモバイル広告用の新しいデータ管理プラットフォームを構築しました。Cross Targetは、ユーザーとの関連度のもっとも高い広告を提供するため、モバイル機器でユーザー行動を分析します。同社は、一流のメディア代理店やインターネットポータルなどの韓国大手広告プラットフォームとの関係を確立しています。Onnuri DMCは最近、韓国の大手ベンチャーキャピタル企業からのシリーズAをクローズしました。

BuyFi ( http://www.buyfi.com ): BuyFiは中小企業向けの分析、ソーシャルメディアおよびマーケティングアプリケーションのプロバイダで、決済処理パートナーの数を増やし続けています。最新パートナーのSilverEdgeは米国コロラド州に本拠を置くターンキービジネスソリューションプロバイダで、そのポートフォリオに5000以上の加盟店を擁しています。2014年1月以来、BuyFiのビジネス分析アプリケーションは急速に採用が進み、加盟店数は1,500店から現在の15,000以上に成長しました。

BuyFiは、First DataのClover POS (point-of-sale)システム上でソーシャルメディアモニタリングおよびパブリッシングアプリケーションのBeSocialが利用可能になったことを発表しました。First Dataは、世界各国の600万以上の加盟店に決済処理サービスを提供しています。

SparkLabsは第5期の参加申し込みを受け付け開始予定です。20か国以上のスタートアップ企業から申し込みがあり、米国、シンガポール、日本、中国、および韓国からの参加者がありました。スタートアップ企業の第5期のお申し込みはこちら http://www.f6s.com/sparklabs2015spring (2015年3月より)

SparkLabsについて

SparkLabsは、韓国の起業家により起業家のために創設されたスタートアップアクセラレーターです。特にインターネット、オンラインゲーム、モバイル、e-コマース、デジタルメディア、ヘルスケアなどのセクターのスタートアップ企業に重点を置いています。メンタリング中心のプログラムの期間は3か月で、資金、事務所スペース、体制確立プログラムを提供し、第一級の起業家、エンジェル投資家、エグゼクティブとの交流ネットワークをご紹介します。SparkLabsは韓国とアジアのスタートアップエコシステムに貢献し、発展を支援しています。詳しい情報については、 www.sparklabs.co.kr をご覧ください。

お問い合わせ先:
Bernard Moon
共同設立者
+1-650-454-5244
bernard@sparklabs.co.kr

SparkLabs





Source: SparkLabs

Copyright 2014 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング