富士通:生活者のアイデアをニフティと町工場の“ものづくりのプロ”が共同で商品化

JCN Newswire / 2014年12月15日 17時41分

“曲げて貼れる、貼ってはがせる”テーブル便利グッズ「オトスナテープ」完成

Tokyo, Dec 15, 2014 - (JCN Newswire) - 株式会社ヨシオ(本社:東京都足立区、代表取締役:小泉 俊夫、以下 ヨシオ)とニフティ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:三竹 兼司、以下 ニフティ)は、一般生活者のアイデアから生まれたテーブル便利グッズ「オトスナテープ」の完成についてお知らせします。

2013年秋、ニフティでは“毎日の家事が楽しく便利になる”をテーマに、一般生活者から募ったアイデアを商品化するという内容で『暮らしのプラスワンアイデアコンテスト』を実施しました。応募された約200件のアイデアの中から、佳作に選ばれた「オトスナテープ」の商品化が決定し、東京都足立区が認定するものづくりブランド企業(FC ADACHI)のヨシオが開発・製造を進めてきました。

「オトスナテープ」は、山梨県の女性のアイデアを商品化したテーブル便利グッズです。テーブルの端などに貼りつけることで小物や液体が下に落ちるのを防ぎます。小さなお子様や介護の必要な方の食事時、ビーズやプラモデルなどの小さな部品を扱う作業時など、さまざまなシーンでご活用いただけます。

開発・製造にあたっては、これまで全く市場になかったこのアイデアの魅力をいかに商品として生かすべきかをさまざまな観点から検討し、いくつもの試作を経て完成に至りました。

実際の利用シーンを想定し、液体をこぼした時にも水分が染み込みにくい素材と、汚れても洗うことで吸着力が復活する強力な特殊吸着シートを採用しています。また、しなやかな素材で中央にカーブをもたせているため、テーブルの端に曲げて貼ることができます。2本をリング状に組み合わせて円形の作業エリアを作ったり、複数本を連結させることで必要なだけ大きく囲うことも可能です。

なお、「オトスナテープ」は佳作受賞作品だったため当初は商品化の対象外でしたが、そのユニークなアイデアと用途の広さから商品化に至りました。販売は東急ハンズ(一部店舗)の店頭をはじめ、ネット通販やカタログ通販などでも展開し、今後より多くの方にご利用いただけるよう、販路を広げていく予定です。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.nifty.co.jp/cs/newsrelease/detail/141211004373/1.htm

富士通株式会社

詳細は http://jp.fujitsu.com/ をご覧ください。



Source: 富士通株式会社

Copyright 2014 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング