マツダ、シンプルでスタイリッシュな軽自動車の新型「マツダ キャロル」を発売

JCN Newswire / 2014年12月25日 16時37分

デザインを一新、JC08モード燃費で37.0km/Lを実現

Hiroshima, Dec 25, 2014 - (JCN Newswire) - マツダ株式会社は、「マツダ キャロル」を全面改良し、全国のマツダ系、マツダアンフィニ系、マツダオートザム系販売店を通じて2015年1月30日より発売します。

低燃費とお求めやすさを特徴とする軽自動車「マツダ キャロル」は、今回の全面改良でシンプルかつスタイリッシュなデザインに一新するとともに、車両重量の軽量化と、パワートレインの効率改善を行い、JC08モード燃費で37.0km/Lを実現*1しました。全車がエコカー減税*2の免税対象です。

また、全車にコーナー走行での安全性を高める「DSC&TCS*3」を、CVT車にはレーザーレーダーによる検知で低速走行時の衝突回避、被害軽減をサポートする「レーダーブレーキサポート」を標準装備し、安全性能を強化しました。

新型「マツダ キャロル」の商品概要は以下のとおり

シンプルでスタイリッシュなデザイン
- スマートさと目力を備えたフロントマスクとクールで存在感のあるバックスタイル
- 全高を低くし、フロントからリヤまで流れるようなサイドビューを実現
- デザイン性と機能性を両立させたクリーンな印象のインテリア
- ボディカラーは新色の「シフォンアイボリーメタリック」「ピュアレッド」を含む全7色を設定

燃費性能を向上
- 軽量、高剛性の新開発プラットフォーム採用、ボディの超高張力鋼板の使用率拡大、樹脂フェンダーなどの採用により、車両重量を軽量化。MT車で610kg、CVT車で650kg*4を実現
- エンジンの吸気、排気系を新設計。CVT車にはEGRシステムを採用し、燃費性能を向上
- 車両全体の軽量化に伴い、CVTの変速比を最適化し、燃費性能を向上
- 燃費向上に貢献する「エネチャージ」「アイドリングストップシステム」「エコクール」をCVT車に標準装備

快適性の向上
- 室内長を2,040mmに145mm拡大*5、前後乗員距離を900mmに85mm拡大
- 運転席シートヒーターをCVT車に標準装備
- 助手席シートヒーターを4WD車に標準装備
- フロントドアに中間2段ストッパーを採用

安全装備
- 「DSC&TCS*3」を全車に標準装備
- 「レーダーブレーキサポート」「誤発進抑制機能」「エマージェンシーストップシグナル」をCVT車に標準装備
- 運転席と助手席のシートベルトリマインダーを全車に標準装備

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.mazda.com/jp/publicity/release/2014/201412/141225c.html

*1 2WD CVT車
*2 環境対応車普及促進税制による減税措置
*3 DSC(ダイナミック・スタビリティ・コントロールシステム: 横滑り防止機構)&TCS(トラクション・コントロール・システム)
*4 2WD車。4WD車は700kg
*5 リヤシートヘッドレスト付車

マツダ株式会社

詳細は www.mazda.co.jp をご覧ください。



Source: マツダ株式会社

Copyright 2014 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング