パナソニック、4Kなどの最新技術に対応したブルーレイディスク再生技術を開発

JCN Newswire / 2015年1月6日 16時3分

Osaka, Jan 6, 2015 - (JCN Newswire) - パナソニック株式会社は、次世代ブルーレイディスク規格(ULTRA HD BLU-RAY(TM))で採用が予定されている※1、4KやHigh Dynamic Rangeなどの最新技術に対応したブルーレイディスク再生技術を世界で初めて※2開発し、試作プレーヤーを1月6日から9日まで、米ネバダ州ラスベガス市で開催される世界最大の家電見本市「2015 International CES」に参考出展します。

本開発品は、当社が長年の技術開発で培った、映像処理技術や光ディスクドライブ技術を結集することにより、4K(3,840×2,160画素)/60p[1]/10ビット[2]の高精細映像表示に対応するとともに、輝度ピークを従来の100ニト※3から1,000~10,000ニトまで大幅に拡大することで表現力を高めるHigh Dynamic Range[3]、色の再現性を大幅に高める広色域規格BT.2020[4]、高効率動画圧縮技術HEVC(H.265)/100Mbps[5]の高ビットレートによるブルーレイディスク再生などの最新技術に対応します。

これにより、従来のブルーレイディスクプレーヤーから、解像度のみならず、色、明るさ、階調など総合的に表示能力を高め、民生用機器ではこれまで実現できなかった精細感と立体感に溢れた高品位な映像表示が可能になります。

2002年にブルーレイディスク規格が公表されて以来、当社は一貫して規格化を主導するとともに、2004年には世界初の片面2層記録50GBブルーレイディスクレコーダー、2006年には世界初のBD-Video再生対応レコーダーを発売、2008年にはフルHD 3D映像を収録したブルーレイディスクの再生技術を世界で初めて開発するなど、ブルーレイ関連の機器開発においても常に業界をけん引してまいりました。

当社は、今後もお客様に感動や驚きを提供する製品づくりを目指し、研究開発を一層強化するとともに、このたび設立された「UHD Alliance※4」にも参画し、4K産業全体の進展に寄与してまいります。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://news.panasonic.com/press/topics.html

※1: 次世代ブルーレイディスク規格は現在、Blu-ray Disc Associationで策定中であり、決定されたものではありません。採用される技術は、今後変更される可能性があります。
※2: 4K(Ultra HD)/High Dynamic Rangeなど次世代ブルーレイディスク規格「ULTRA HD BLU-RAY(TM)」で採用予定の最新技術に対応したブルーレイディスクプレーヤーとして、2015年1月6日現在、当社調べ。
※3: 1平方メートルあたりの明るさ(cd/m2)
※4: テレビメーカー、ハリウッドスタジオ、コンテンツ配信会社、技術会社などで構成され、デバイスからコンテンツまで、プレミアムなUHDプラットフォームの構築に向けた統一基準の策定を目指す

パナソニック株式会社

パナソニックは、部品から家庭用電子機器、電化製品、FA 機器、情報通信機器、および住宅関連機器等に至るまでの生産、販売、サービスを行う総合エレクトロニクスメーカーです。

パナソニックは、2018 年の創業100 周年に向けて、エレクトロニクスNo.1 の「環境革新企業」を目指します。全事業活動の基軸に「環境」を置き、世界中の次の世代の人たちのために、全世界で起こりつつある「グリーン革命」を、先頭に立って推進してまいります。

当社に関するさらなる情報は、 http://panasonic.co.jp をご覧下さい。



Source: パナソニック株式会社

Copyright 2015 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング