パナソニック、フルハイビジョン最上位モデルのデジタルハイビジョンビデオカメラ「HC-W870M」を発売

JCN Newswire / 2015年1月8日 17時18分

Osaka, Jan 8, 2015 - (JCN Newswire) - パナソニック株式会社は、フルハイビジョンの最上位モデルのデジタルハイビジョンビデオカメラHC-W870Mを1月23日より発売します。

本製品は、お子様の成長とご家族の思い出を高画質にキレイに記録したいというご要望にお応えしたフルハイビジョンの最上位モデルです。お子様など動く被写体にも素早くピントが合う高性能「HDハイプレシジョンAF」を搭載し、被写体を的確に撮影することが可能です。

また、従来品(HC-W850M)でご好評の「ワイプ撮り」も進化させ、スマートフォンで撮影した映像を子画面に表示する「ワイヤレス ワイプ撮り」や子画面の映像がうまく撮れなかった時の備えとして「ワイプ無し映像同時記録」機能を搭載しています。

さらに、世界で初めて(※1)HDR動画記録(ハイダイナミックレンジ合成)を実現しました。

逆光や明暗差の大きいシーンで、露出時間を変えて明るい画像と暗い画像の2枚を撮影して合成することで、白飛びや黒つぶれを抑えた階調性の高い映像を記録し、被写体が陰らず見た目に近い自然な映像を記録できるなど、操作性・楽しみ方を大幅に向上させました。

当社は高品位な本製品を快適にご使用いただくことで、映像の楽しさを幅広く提案していきます。

特長

1. フルハイビジョン最上位モデル。総画素数1,276万の高品位な映像撮影を実現
- 高速・高精度で合焦する「HDハイプレシジョンAF」を搭載
2. サブカメラの機能向上やワイヤレス対応など、進化した「ワイプ撮り」を搭載
- スマートフォンで撮影した映像を子画面に表示する「ワイヤレス ワイプ撮り」
- 親画面のみの映像も別ファイルで保存「ワイプ無し映像同時記録」
3. 世界初(※1) 映像の明暗差を補正して自然な明るさの映像を記録する「HDR動画モード」を搭載

品名: デジタルハイビジョンビデオカメラ
品番: HC-W870M
記録メディア: 64GB内蔵メモリー/SDカード(別売)
色: -W(ホワイト)/-T(ブラウン)
希望小売価格: オープン価格
発売日: 2015年1月23日
月産台数: 5,000台

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://news.panasonic.com/press/topics.html

※1: 民生用デジタルハイビジョンビデオカメラとして。2015年1月23日発売予定。

パナソニック株式会社

パナソニックは、部品から家庭用電子機器、電化製品、FA 機器、情報通信機器、および住宅関連機器等に至るまでの生産、販売、サービスを行う総合エレクトロニクスメーカーです。

パナソニックは、2018 年の創業100 周年に向けて、エレクトロニクスNo.1 の「環境革新企業」を目指します。全事業活動の基軸に「環境」を置き、世界中の次の世代の人たちのために、全世界で起こりつつある「グリーン革命」を、先頭に立って推進してまいります。

当社に関するさらなる情報は、 http://panasonic.co.jp をご覧下さい。



Source: パナソニック株式会社

Copyright 2015 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング