幼児が「大きいお友達」へ苦情か? 「プリパラもっとふやして」ゲーセン投書に反響

J-CASTニュース / 2017年9月13日 15時4分

写真

大人がいっぱい使っているから…。画像は黒松葉鳥(おまつ)さん(@burubado7)提供

大阪府枚方市にあるゲームセンターの店内掲示板に貼り出された一通の投書が、インターネット上で注目を集めている。

投書は、店内にある女児向けアーケードゲーム「プリパラ」について、子供ではなく「大人」が遊んでいるケースが多いとして、筐体の数を「もっとふやしてください」と訴える内容。たどたどしい文字で書かれていることから、ネット上では、幼い子供が書いた投書とみられている。

「プリパラもっとふやしてください...」

「プリパラ」は、タカラトミーアーツが2014年6月から展開している人気アーケードゲームだ。プレイ料金は1回100円。主に女児をターゲットとした内容で、ゲームではスターアイドルを目指す少女を育成したり、服装やアクセサリーなどのコーディネートを集めたりできる。

メディア展開も盛んで、アニメはテレビ東京系で14年7月から17年3月まで全140話が放送された。また、このアニメを原作としたコミックも、小学館の少女漫画誌「ちゃお」「ぷっちぐみ」の二誌で連載されている。

こうした「プリパラ」の世界に夢中になっているのは、メインターゲットの少女たちだけではないようだ。

いまネット上で反響を呼んでいるのは、枚方市内にあるゲームセンターの「お客さまの声」コーナーに貼り出されているという一通の投書だ。あるツイッターユーザーが9月9日に写真付きで紹介した投書には、ところどころひらがなを書き間違えたたどたどしい文字で、

「プリパラもっとふやしてください 大人がいっぱい使っているから」

と書かれている(ただし、「大人」や「使」などは漢字)。店側の返答は、「今後機械を増台することも検討してまいります」というものだった。

この投書をめぐりネット上では、この店では筐体を「大人」のプリパラファン(いわゆる「大きいお友達」)が占拠しているため、子供が遊べない状況になっているのではないか――と受け取るユーザーが続出。ツイッターには、

「プリパラ筐体占領してる大人いっぱいいるからなー」
「大人が子供向け作品を楽しむのは大変素晴らしいが、子供には譲ってやらねぇと」
「子ども向け用を大人が占拠するなよ 誰向けなのか考えて行動しろ」
「大きいお友達、自制しましょうね、、」

といった苦言が相次いで寄せられた。

「マナー違反」騒動は過去にも

一方、この投書について当のプリパラファンたちの間では、「ごめんね...ごめんね...」「今後気を付けます」などと反省したり、自重を呼び掛けたりする動きも出ている。また、ゲームの本来のターゲットである女児のことを「幼女先輩」と敬意を込めて呼びつつ、

「プリパラするときは幼女先輩が絶対優先だろう」
「女児向けのアーケードは幼女先輩優先なのは暗黙のルールだろ」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
J-CASTニュース

トピックスRSS

ランキング