台風18号、進路東寄りに…日本列島縦断の恐れ

読売新聞 / 2017年9月15日 1時7分

台風18号、進路東寄りに…日本列島縦断の恐れ

 非常に強い台風18号は14日、東シナ海を北上した。

 週末から来週にかけて進路を東寄りに変えながら日本列島を縦断する恐れがあり、気象庁が警戒を呼びかけている。

 同庁によると、18号は15日午前0時現在、沖縄県・久米島の西北西約270キロをゆっくりと北に進んでいる。中心気圧は935ヘクト・パスカル、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートル。中心から半径200キロ以内は風速25メートル以上の暴風が吹いており、16日から17日にかけて九州に上陸する可能性がある。

 沖縄県宮古島市平良では、14日朝までの24時間雨量が479ミリと観測史上最高となり、50年に1度の記録的な大雨となった。15日夜までの24時間雨量は多い所で200ミリとなる見通し。

Yomiuri On-Line

トピックスRSS

ランキング