蛭田みな美、“恩師”中嶋常幸の助言を力に8位発進

スポーツ報知 / 2017年10月13日 19時58分

10番ティーショットを放つ蛭田みな美。初日2アンダー8位の好位置に付けた

 ◆女子プロゴルフツアー 富士通レディース第1日(13日、千葉・東急セブンハンドレッドC西C=6662ヤード、パー72)

 ツアー本格参戦1年目の蛭田みな美(20)=フリー=が通算48勝の“恩師”中嶋常幸が見守る中、4バーディー、2ボギーの70で首位と3打差の8位発進。

 中嶋が主宰するトミーアカデミーでは、日本女子オープンを連覇した畑岡奈紗(18)らと腕を磨いた。ラウンド前に中嶋からは「弱気になるな」というアドバイスとともに、畑岡がショット前に行っている体をリラックスさせるために数回ジャンプするルーチンを試すように薦められた。「それでリズム感が良くなった」と蛭田。パットにも好影響が出て4番パー3では10メートルを沈めてバーディー。今季2度目の初日1けた順位に「中嶋さんが来てくれたおかげです」と感謝していた。

hochi

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング