高須院長、暴行事件の日馬富士へ「いさぎよく引退してプロレスラーに転向すれば力道山をしのぐ」

スポーツ報知 / 2017年11月15日 9時47分

日馬富士

 美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長(72)が15日、自身のツイッターを更新し、大相撲の横綱・日馬富士(33)=伊勢ケ浜=が、前頭8枚目・貴ノ岩(27)=貴乃花=に暴行を加え、大けがをさせた事件について見解を示した。

 今回の事件で日馬富士は引退の危機に立たされているが、高須氏はツイッターで「いま日馬富士がいさぎよく引退してプロレスラーに転向すれば力道山をしのぐと想います。プロレスが復興します。

僕はファンとして歓迎します」と見解を示した。

 その上で「過去のもと横綱のプロレスラーたちはプロレス向きではありませんでした。日馬富士の動きと体型はプロレス向きです」と評価していた。

hochi

トピックスRSS

ランキング