NYダウ終値、228ドル高の2万5803ドル

読売新聞 / 2018年1月13日 7時10分

 【ニューヨーク=有光裕】12日のニューヨーク株式市場で、ダウ平均株価(30種)は、前日比228・46ドル高の2万5803・19ドルで取引を終了し、終値としての最高値を更新した。

 前日に続いて、上げ幅が200ドルを超えた。

 12日に発表された米金融大手JPモルガン・チェースなどの決算が市場予想を上回ったため、今後の好決算への期待が高まり、買い注文が優勢となった。米国の2017年12月の小売り売上高が前月に比べて増加し、年末商戦が好調に推移したと受け止められた。

 情報技術(IT)企業の銘柄が多いナスダック店頭市場の総合指数の終値も、49・28ポイント高の7261・06で、最高値をつけた。

Yomiuri On-Line

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング