田村淳、センター入試初日終え「緊張してお腹が痛くなった」

スポーツ報知 / 2018年1月13日 22時6分

田村淳

 青学大受験に挑戦している、ロンドンブーツ1号2号の田村淳(44)が13日、インターネット放送「AbemaTV」の生配信番組に出演。この日行われた大学入試センター試験初日の受験の感想を語った。

 田村は20人弱の小教室でテストを受けたといい「今日、教室にいた18歳、19歳のやつら、目がキラキラしていた」と感じたことを明かした。そして「収録とかでも緊張しないけれど、緊張が高まってお腹が痛くなった。めっちゃお腹痛くなった」「経験としては、ものすごい経験をさせてもらった」と振り返った。

 試験の前夜、父親から「いろいろ言うやついるけれど、この歳になって受験する息子を誇りに思う」とLINEが来たという。父親はポータルサイトのコメント欄などで44歳での大学受験を揶揄する言葉に心を痛めているようで、田村は父の言葉に「不意にも夜、泣いちゃった」と明かしていた。

 田村は「偏差値32の田村淳が100日で青学一直線」と題して、青学大受験に挑戦している。青学大の一般入試は2月7日から始まる。

 なお、田村は番組内ではこの日受験した日本史B、国語、英語の点数については明かさず、別の番組出演のため配信途中で退席した。

hochi

トピックスRSS

ランキング