試験中に嘔吐、中断せず…43人が再試験対象に

読売新聞 / 2018年1月14日 16時32分

 大学入試センターは14日、センター試験初日の13日午後に行われた英語のリスニングの際、大阪学院大(大阪府吹田市)の試験会場で監督者の対応の誤りがあり、新たに43人が再試験の対象になったと発表した。

 これで再試験の対象者は計48人になった。

 センターによると、試験中に 嘔吐 おうと した受験生がおり、本来は部屋にいた44人全員の試験を中断すべきだったが、他の43人のテストをそのまま続けた。

 一方、2日目の14日は鉄道の運休や遅れで、福井大(福井市)など3会場では計8人の試験開始時刻が50~60分繰り下げられた。

Yomiuri On-Line

トピックスRSS

ランキング