【横浜M】U―21代表MF遠藤が11番、柏から加入のFW大津が9番…新背番号を発表

スポーツ報知 / 2018年1月14日 14時6分

横浜市内で行われた今季の新体制発表会

 横浜Mは14日、横浜市内の日産本社で新体制発表を行い、今季の新背番号を発表した。柏から加入した元日本代表MF大津祐樹は9番となり、FW登録となった。昨季は空き番だった11番には、U―21代表MF遠藤渓太が“就任”した。

 ◆新加入
 FW大津祐樹(柏→)9番
 MFユン・イルロク(FCソウル→)25番
 DF西山大雅(横浜Mユース→)34番
 DF生駒仁(鹿児島城西→)36番
 MF堀研太(横浜Mユース→)37番
 MF山田康太(横浜Mユース→)38番
 FW町野修斗(履正社)39番

 ◆復帰
 FW仲川輝人(J2福岡→)19番
 FW和田昌士(J2山口→)29番

 ◆番号変更
 DFミロシュ・デゲネク(34番→)2番
 MF遠藤渓太(18番→)11番
 MFイッペイ・シノヅカ(37番→)26番

hochi

トピックスRSS

ランキング