木下優樹菜、フジモンとのキスを拒否「ストレスになってまでやることじゃない」

スポーツ報知 / 2018年1月14日 22時46分

木下優樹菜

 タレントの“ユッキーナ”こと木下優樹菜(30)が14日放送の日本テレビ系「おしゃれイズム」(日曜・後10時)にゲスト出演。夫の“フジモン”ことFUJIWARA・藤本敏史(47)について語った。

 2010年に結婚し2女の母親でもある木下は、現在SNSで400万人以上のフォロワーを誇る“ママタレ”。「絶大なる支持を得ていますね。そこはいいかも自信を持って」と自画自賛した。

 フジモンとの結婚についても「ああいう感じ(の人)と結婚するとは思わなかった。ブサイクで…」とぶっちゃけ。「1周回って、ブサイクがいとおしいと思うかもしれないと思ったけど、無理だった。でも顔を超える優しさがあったので。どうしたら一瞬でも格好良く見えるか。ガラス張りのシャワーで影で曇っていた中で格好良く見えるかなと思って、やったけど全然ブスで…」と話した。

 現在はわがままなユッキーナを包み込むフジモンが優しいとの評価が広がっているが、「旦那の好感度が高いのが悔しい」とライバル意識をのぞかせた。

 親友の青山テルマ(30)がVTR出演し、「優樹菜はキスしてあげたほうがいいんじゃないか?」と歩み寄りを提案したが、ユッキーナはやんわりと拒否。「行ってらっしゃいのキスはしていたんですけど…。面倒くさくて。家事を止めてまでストレスになってまでやることじゃない」と、きっぱりと言い切った。

 それでも自宅マンションでの家族4人で暮らす仲むつまじい映像が流されていた。

hochi

トピックスRSS

ランキング