平野歩夢、2大会連続銀メダル“神”ホワイト追いつめた「悔しさも残っているが、全力でやれた」

スポーツ報知 / 2018年2月15日 5時20分

銀メダルを獲得した平野は、日の丸を広げ笑顔を見せた(カメラ・相川 和寛)

◆平昌五輪第6日 ▽スノーボード男子ハーフパイプ(14日・フェニックス・スノーパーク)

 2大会連続の銀メダリストが、2人誕生した。スノーボード男子ハーフパイプ(HP)決勝で、平野歩夢(19)=木下グループ=が95・25点で銀。2回目のランで大技「ダブルコーク1440」の連続技に成功し一時トップに立ったが、最終滑走した王者ショーン・ホワイト(31)=米国=に97・75点で逆転を許した。複合個人ノーマルヒル決勝では、渡部暁斗(29)=北野建設=が銀で、冬季五輪の日本勢で通算50個目となるメダルを獲得。スノーボードも複合個人も2大会連続の表彰台は日本勢初だった。

 神技の応酬の末、平野の手にはまたも銀メダルが残された。歓喜にむせぶホワイトを静かに見つめた。最終滑走の王者にまくられた。だが、同じ銀でも重みは変わっていた。「悔しさも残っているが、全力でやれた。4年前とはレベルが全く別次元。楽しかった。今までイチ(一番)の大会だったんじゃないかな」。感情を抑えるように話した。

 史上最高難度の決戦だった。2回目のラン。軸をずらしながら縦2回転、横4回転する必殺の「ダブルコーク(DC)1440」の連続技を披露した。1月の「Xゲーム」で、世界で初めて実戦で成功させた大技を続けた。「自分が今できることは、精いっぱいつなげられた」。五輪史上初めて成功させ、95・25点の高得点をたたき出した。

 首位に立ったが、最後に王者に同じ連続技を決められた。97・75点。「素直に負けを認めている。彼(ホワイト)の滑りも完璧だった」。エアの回数を2回目の5度から6度に増やすつもりで臨んだ3回目のランで転倒。平野の2回目とホワイトの3回目はほぼ同じ難度の構成だったが、回転方向など技の多彩さで「2・50点」及ばなかった。

 15歳だったソチ。雪上競技最年少で銀を手にしてから、長かった。「苦しいことばかりの日々だった」。どん底は16~17年シーズン。未成年選手の飲酒や大麻使用が発覚し、全日本スキー連盟がスノーボードの活動を休止した。平野にも電話が殺到。携帯電話の連絡先は一度全て消去した。

 昨年3月の「USオープン」で転倒し、左膝と肝臓を負傷して3か月離脱。けがの位置が数センチずれていたら命を落とす恐れがあった。「いつ死ぬかもしれない」という覚悟と責任感が、平野を年齢以上に大人にした。「スノーボードを知らない人でも興味を持ってくれるのはやっぱり五輪。そこで金メダルを取るしかない」。そのための宝刀が、DC1440。リハビリから復帰後、氷河での練習で1日6時間以上滑り込みマスター。競技のレベルを引き上げた。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
hochi

トピックスRSS

ランキング