安倍昭恵夫人「国会喚問」回避の秘策は離婚?ナベツネが「別れろ」とアドバイス説

J-CASTテレビウォッチ / 2018年3月23日 15時39分

<私は安倍政権は「バカ発見器」だと思っているのです。今まで常識的な文化人、知識人を装っている人たちが仮面をかなぐり捨て、メディアに露出してでたらめな安倍批判を繰り広げて「実は私はこんなにバカなんです」とカミングアウトしている>

こう安倍首相に言ったと、新潮45(2月号)に誇らしげに書いたのは産経新聞の阿比留瑠比論説委員である。それからわずか2か月、どちらがバカだったか、彼に聞いてみたいものである。

27日(2018年3月)に行われる佐川喚問が終われば、次は安倍昭恵を国会へ呼べとなるだろうが、それは絶対避けたい安倍首相は離婚を考えていると、週刊現代とフライデーが報じている。週刊現代によれば、昭恵は現在、都内の高級ホテルに「隔離」されているという。安倍とは毎晩、電話で話しているというが、嫁姑問題もあり、事実上の別居状態で、関係は冷えてきているそうだ。

フライデーによれば、安倍のアドバイザーであるナベツネ(渡邊恒雄読売新聞主筆)が安倍と会食しているとき、「昭恵と離婚しろ。日本国のことをもっと考えろ」と進言したというのだ。自民党関係者は、その続きがあると話す。

<「後日、安倍さんが母・洋子さんに、『ツネさんに離婚しろと言われちゃったよ』と苦笑いしながら報告したそうです。すると、洋子さんは『昭恵さんをここへ呼びなさい』と気色ばんだ。その時、たまたま昭恵さんも家にいたんだそうですが、気配を察知したのか逃げてしまったそうです」>

火のないところに煙は立たない。これだけ離婚情報が出てくるということは、どこかに火元があるに違いない。

貴乃花「たった一人の反乱」腰砕け・・・貴公俊暴行で「一兵卒で精進」

フライデーが、3月2日に開かれた自民党衆議院議員の「新春賀詞交歓会」で、岸田文雄政調会長がその筋の人らしい人間と握手を交わしている写真を載せている。この人物、矢野康夫氏(本名は若野康夫)といって、かつては山口組の武闘派組織「中野会」の元副会長だという。現在はキックボクシングの代表理事をしているらしいが、大阪府警関係者にいわせると、今でも「現役」という認識だという。

岸田氏はこの人物と面識はなく、たまたま写真を一緒に撮っただけなのだろうが、フライデーのいうように<こんな写真が流出しては、暴力団の『シノギ』の材料として利用されかねない。この間の悪さ、どうやら総理に必要な『運』は持ち合わせてはいないようだ>。たしかに、運も実力のうちである。

J-CASTテレビウォッチ

トピックスRSS

ランキング