吉田羊「人生に無駄な恋はないって本当にそうだなと」…主演映画で恋愛下手なアラフォー

スポーツ報知 / 2018年4月17日 20時12分

映画「ラブ×ドック」の試写会で舞台あいさつに出席した吉田羊(左)と鈴木おさむ監督

 女優・吉田羊(年齢非公表)が17日、大阪市内で主演映画「ラブ×ドック」(5月11日公開、鈴木おさむ監督)の試写会で舞台あいさつに出席した。

 春らしい淡いピンクのドレスで登壇した吉田に、アイドルのコンサートばりに「羊」と書いた大きなうちわを掲げた若い女性ファンから悲鳴のような声援が飛び「私、アラフォーなんですけどねー」と照れ笑いで喜んだ。

 今作は、恋愛下手なアラフォー女性が、遺伝子レベルで恋愛を操作できるという「恋愛診療所」を訪れ、年上、同世代、年下とさまざまな世代の男性との間で、恋や仕事に揺れ動くラブコメディー。「『人生に無駄な恋はない』っていうせりふは本当にそうだなと思っていて。これまでに出会った人やものや本、すべてが自分をつくってきたと思っているので」と共感した。

 また吉田の発案で、この日が誕生日だった観客とサプライズで3ショット写真に応じる“神対応”。これには誕生日ではなかったファンが泣き出すほどで、大人の女性としての魅力をふりまいていた。

hochi

トピックスRSS

ランキング