TDL35周年の翌日、ミッキーが「都庁」を記念訪問 千葉県民から反発の声、その理由は...

J-CASTニュース / 2018年4月17日 17時40分

写真

千葉県民がミッキーに怒ったワケ(2015年11月撮影)

東京ディズニーリゾート(千葉県浦安市)の開園35周年を記念し、ミッキーマウスとミニーマウスが「東京都庁」を訪問した――。

2018年4月16日に流れたこんなニュースに、千葉県民から「なんで都庁?」「挨拶するなら千葉県庁だろ」とのツッコミが殺到している。はたして、こうした反応についてTDL側はどう考えているのか。J-CASTニュースが、広報担当者に質問すると...。

「千葉県民としてなんか腑に落ちない」

TDLは4月15日に開園35周年を迎え、パーク内で記念式典を開催。ディズニーランドの入り口近くのエリア「ワールドバザール」に人気キャラクターが勢揃いし、多くの来場者と共に節目を祝った。

その翌16日、ミッキーマウスらが東京都庁を訪れ、小池百合子知事(65)を表敬訪問した。NHKや日本テレビの報道によれば、訪問はTDLの開園35周年を記念したもので、都民へ感謝を伝える目的があったという。

これに違和感を覚えたのが、TDLのお膝元・千葉県に住むネットユーザー達だった。ツイッターやネット掲示板に、

「ディズニーランドって千葉県だよな...。行くなら県庁じゃないのか」
「県知事に会いに県庁訪問するのが筋じゃないの?千葉県民としてなんか腑に落ちないな...」
「なんでミッキーとミニーは都庁に挨拶にいくねん(怒) by千葉県民」

とのツッコミが殺到しているのだ。

実際、今回の都庁訪問の様子を伝える記事を紹介した「NHKニュース」公式ツイッターの投稿には62件のリプライ(返信)があるが、その7割以上にあたる47件が「なんで千葉じゃないの?」といった疑問を示すものだった(17日13時時点)。

「東京都は33番目になります」

いったいなぜ、開演35周年を迎えた翌日に「東京都庁」を訪問したのか。J-CASTニュースが17日、TDLを運営するオリエンタルランド(千葉県浦安市)の広報担当者に取材すると、笑いながら「たまたまです」。

実は、TDLでは開園35周年を記念して、千葉県の森田健作知事を皮切りに、全国の都道府県知事を表敬訪問する企画を1月5日から行っているという。そのため広報担当者は、

「訪問先の1番手は千葉県で、今回の東京都は33番目になります」

と強調。その上で、「スケジュール調整の都合から、結果的に35周年を迎えた翌日に都庁を訪問することになっただけです」とも話していた。

J-CASTニュース

トピックスRSS

ランキング