今どき1000円札が1枚ずつ出てくるチャージ機 京急、名古屋鉄道に「本当にイライラする」と不満相次ぐ

J-CASTニュース / 2018年4月24日 7時0分

写真

チャージ機では、1000円札が1枚ずつ出た(東京都港区内の京急・品川駅で)

東京や名古屋の私鉄各駅などで、1000円札が1枚ずつ出てくるICカードのチャージ機があってイライラするなどと、ツイッター上で書き込みが続出している。

このチャージ機がある京浜急行電鉄では、J-CASTニュースの取材に対し、東京都や神奈川県の3駅に設置してあることを明らかにした。

1000円札が7枚出ると、20秒ほどかかる

 

きっかけは、名古屋市内でこのタイプのチャージ機があって、電車に乗り遅れてしまうと、ツイッター上で2018年4月21日に指摘があったことから。投稿された動画を見ると、1万円札を入れて3000円をチャージすると、ピーピーと音が出て、お釣りが出てくる。

 

しかし、1000円札や5000円札がまとめてではなく、1000円札だけが1枚1枚順繰りに出てきた。時間にして7枚で20秒ほどかかり、急いでいると困りそうだ。

「コレ、本当にイライラするんだよな」
「後ろに並んでる人に引っ叩かれそう」
「5000円札がたまにでてくると当たり感......」

ツイートは、23日夕現在で10万件以上も「いいね」が付けられており、共感の声が寄せられている。

その中には、都内の京浜急行電鉄・品川駅でも、改札前に同様なチャージ機があると指摘があった。

そこで、J-CASTニュースの記者が23日昼過ぎ、駅に行くと、JR品川駅から乗り換えるJR連絡口前に計6台のチャージ機があった。

ここには、お釣りが1枚ずつ出てくると注意書きがある。早速、1万円札を入れてSuicaのICカードに3000円をチャージすると、やはり1枚1枚出てきた。

京急は、3駅でチャージ機があり、乗客からクレームも

記者のケースも、5000円札が混ざっておらず、1000円札が7枚だった。同じ機械とみられるため、20秒ほどの時間も変わらなかった。

しかし、ラッシュ時ではなかったためか、チャージ機に行列ができるほどではなかった。高輪口改札前には、券売機と兼用のタイプが5台あり、こちらには注意書きはなかった。

京浜急行電鉄の広報部は4月23日、J-CASTニュースの取材に対し、チャージ機は2006年から導入していると説明した。品川駅のほかに、大田区内の天空橋駅、神奈川県川崎市内の八丁畷駅に設置してあるという。

乗客からは、「早く電車に乗りたいのに、お釣りが1枚ずつ出てくる」などと、終電前に時々クレームが入るそうだ。乗り遅れないためには、カードをオートチャージにしておくか、窓口で切符を買うかの方法がある。品川駅の6台のうち1台は、4月25日から、お釣りがまとめて出る切符専用券売機に切り替わる予定だ。

3駅のチャージ機については、19年度以降に順次更新していくことも明らかにした。ただ、お釣りがまとめて出てくるタイプになるかは未定だとしている。

名古屋鉄道でも、お釣りが1枚ずつ出てくるチャージ機を導入している駅があり、ホームページ上で、「チャージできる場所」として、その写真を公開している。

J-CASTニュース

トピックスRSS

ランキング