松坂桃李「次はコナン出たい」…「娼年」「孤狼の血」R指定作品への出演続き

スポーツ報知 / 2018年5月17日 8時15分

「黒霧島」の瓶を持つ姿もかっこいい松坂桃李

 俳優の松坂桃李(29)が16日、都内で芋焼酎「黒霧島」発売20周年記者発表会に登場した。

 今年は主演映画「娼年」(三浦大輔監督)や映画「孤狼(ころう)の血」(白石和彌監督)が公開され、話題に。「娼年」は上映時間の半分以上が性描写という過激な作品だが、この日集まった約200人の一般客で観賞した人は多く、「見たという方の前で服を着てくるのはちょっと…みんなぬれ場好きなんだ」と笑顔。

 「今年はR指定作品が多かったので、次は『コナン』に出たい。毎年ランキング1位をとるアニメ映画ですからね。『ドラえもん』『クレヨンしんちゃん』でもいい」と自ら売り込みをし、会場を笑わせた。

 7月期放送のTBS系ドラマ「この世界の片隅に」の撮影で広島と東京を行き来する多忙の日々だが、移動中にはYouTubeで「おばあちゃんドッキリ」というシリーズを見てリラックスしている。「おばあちゃんの驚き方がかわいくて、癒やされる」と笑顔で語った。

hochi

トピックスRSS

ランキング