栄和人氏が会見で謝罪へ…伊調パワハラ騒動後初の公の場

スポーツ報知 / 2018年6月14日 8時25分

栄和人氏

 レスリング女子で五輪4連覇の伊調馨(34)=ALSOK=らへのパワーハラスメント問題で日本協会強化本部長を辞任した栄和人氏(57)が14日午前に会見を開くことが13日、発表された。一連の騒動以降、栄氏が公の場に姿を現すのは初めて。

 世界選手権(10月、ブダペスト)代表選考会を兼ねる全日本選抜選手権は14日に東京・駒沢体育館で開幕する。至学館大の監督として現場に復帰する栄氏は、午前10時の試合開始前に会見を行い、謝罪を口にすると見られる。13日の監督会議は別のコーチが出席し、栄氏は会場に姿を現さなかった。高田裕司専務理事(64)は「栄は今日は来ません。明日、本人がしゃべります」と説明した。

 4月6日の臨時理事会に、協会副会長で至学館大学長の谷岡郁子氏(64)が持参した栄氏の辞表には「自分の不徳の致すところ」とのコメントが記されていた。日本協会の常務理事職解任については、23日の評議員会で決まる。

hochi

トピックスRSS

ランキング