鉄道の計画運休は「利用者に迷惑」!? 92歳男性投書が波紋「こんな奴がいるから...」

J-CASTニュース / 2018年10月12日 18時54分

写真

計画運休への「疑問」投書が波紋

台風の接近に伴う鉄道の計画運休について、利用者への「配慮」を繰り返し求めた高齢男性の新聞投書が、インターネット上で波紋を広げている。2018年10月10日の京都新聞朝刊に掲載されたものだ。

タイトルは「計画運休 早い決断に疑問」。投書の主は滋賀県に住む92歳の男性で、台風に備えて早期の運休を決めた鉄道各社の判断を「かなり先走った感があった」と批判している。

「安全第一ですが、市民の生活も...」

9月30日から翌1日にかけて列島を縦断した台風24号。首都圏では初の試みとなったJR東日本をはじめ、全国各地の鉄道会社が計画運休を実施した。投書を寄せた男性の住む滋賀県内でも、JR西日本・東海などが事前の運休を決めている。

こうした状況を受けてか、投書ではまず、最近「なぜ?」と疑問に思うことがあると切り出し、その例として「JRや私鉄など交通機関の計画運休」を挙げる。安全を考えた判断だとは思う、などと理解を示しつつも、

「台風の位置や規模などから見て、かなり先走った感があるのはどうかと思います」

とチクリ。「あまり先走り過ぎると、利用者に迷惑がかかります」とも続けた。

さらに男性は、百貨店などが台風の影響を鑑みて臨時休業したり、閉店時間を早めたりすることにも疑問を投げかける。こうした対応は来店客のためなのか、それとも従業員の安全確保のための判断なのかが気になるとして、

「いずれにしても、利用者への配慮を忘れないでほしい」

と注文をつけたのだ。さらに投書の末尾では、

「安全第一ですが、市民の生活も大切であることを忘れないでほしいと思います」

とも。確かに「安全」について理解は示しているが、やはり全体としては台風に備えた企業の対応に不満気な様子である。

「従業員も市民なんですけどね」

こうした投書の内容は、あるツイッターユーザーが10月10日朝に紹介したことで、ネット上で大きな注目を集めることに。投稿者は、紙面を撮影した写真をアップするとともに、

「こんな奴がいるから年寄りが老害って呼ばれるんじゃないか?」

と批判。この投稿には1万3000回超のリツイート、1万6000件以上の「いいね」が集まっている。

投稿のリプライ(返信)欄やネット掲示板などには、男性の主張に対して、

「急に不通になって難民いっぱい出すより事前にアナウンスして計画運休するほうがええやろ」
「市民の生活も考えて欲しいって、従業員も市民なんですけどね」
「このお爺さん、従業員は危険な状況下でも働き続けられるロボットとでも思ってるんかね...」

といった反論が続出。ただ一方で、「いろんな意見があっていい!」といった声や、投書主の年齢を踏まえて「台風くらいじゃ休まないって世代なんだと思う」と理解を示すユーザーの姿もあった。

なお、サーベイリサーチセンター(東京都荒川区)が9月20日に発表した調査結果によれば、台風の接近に伴う計画運休について、大阪市民の9割以上が肯定的な考えを示したという。

調査は9月10~18日にかけて、大阪市内に住む20歳以上の男女303人に聞き取りをしたもの。なお、4日に上陸した台風21号では、JR西日本や私鉄各社が計画運休を実施したばかりだった。

回答は「危険や混乱を避ける上で、必要なことだと思う」が72.9%、「通学や通勤に影響は出るが、休校や休業の判断にもつながるので必要なことだと思う」が20.5%。一方、計画運休に反対する「可能な限り運行して欲しい」という答えは1.3%止まりだった。

J-CASTニュース

トピックスRSS

ランキング