頭部死球をネタに「おふざけ実況」... フジ「珍プレー」番組に批判殺到

J-CASTニュース / 2018年12月9日 13時46分

写真

頭部死球は「珍プレー」なのか

「全然笑えない」「人が死ぬかもしれないんだぞ」――。2018年12月8日放送の「中居正広のプロ野球珍プレー好プレー大賞」(フジテレビ系)のワンシーンに、インターネット上で批判や疑問の声が相次いでいる。

問題視されているのは、番組側が頭部死球を「珍プレー」として紹介したこと。ボールが直撃する瞬間に「ドカ~ン!」というナレーションを入れるなど、危険なプレーを茶化すように扱っていた。

「ハッハッハッ、痛いな~」

番組で紹介されたのは、6月12日の西武-ヤクルト戦、西武の先発カスティーヨ選手の投じた一球が、ヤクルトの中村悠平選手の頭に直撃した場面。この投球は危険球と判定され、カスティーヨは退場処分を受けている。

死球を受けた中村選手はグラウンドに倒れ込み、球場は騒然。そのまま担架に乗せられ、近くの病院へ運ばれた。結果として、大きなけがを負うことはなかったが、死球の影響で翌日の試合を欠場している。

このように、一歩間違えれば大きな事故に繋がりかねない危険なプレー。これを、今回のフジ番組は「珍プレー」の1つとして、面白おかしく紹介していたのだ。

まず、中村選手の頭にボールがぶつかった瞬間、ナレーションを担当するお笑いコンビ「アンタッチャブル」の山崎弘也さん(42)は、

「これもらったよ!あ~、ハッハッハッ、痛いな~!」

とアテレコ。中村選手が頭を押さえてグラウンドにうずくまると、ナレーションでは「頭抱えちゃいたいぐらい(痛い)!」。

さらに山崎さんは、死球の場面をスロー再生したVTRにあわせて、

「これ見て! 確実に......(直撃の瞬間)『ドカ~ン!』って」

とも実況していた。そのほか、ボールが頭部に直撃する瞬間には、「ドカッ」というコミカルな効果音も流れていた。

死亡事故があったばかりなのに...

その後も、番組側の「おふざけアテレコ」は続く。例えば、担架で運ばれる中村選手が、自分の名前を「キムラです」と間違えたり、それに小川淳司監督がツッコミを入れたりするなどだ。

こうしたVTRの内容には、スタジオ出演者から「うわっ...」「シャレになんないから、頭は」といった声も出た。また、ワイプ画面には中居さんの顔が映っていたが、明らかに眉をひそめていた。

視聴者からも、批判や疑問の声が相次いだ。ツイッターやネット掲示板に、

「笑いにしていいやつじゃないじゃん、シャレになんないやつじゃん」
「下手すりゃ命に関わるような事故を笑いものにするだなんて」
「本当に危険なものを面白おかしく扱うのはやめて欲しいな」

といった投稿が続出しているのだ。なかには、「フジテレビ野球」の公式ツイッターに対して、「頭部死球は珍プレーじゃありません。命に関わります」と苦言を呈するユーザーも出ていた。

試合中の事故をめぐっては、熊本西高校の野球部員(16)が11月18日、頭部付近に死球を受け、外傷性くも膜下出血で死亡している。それだけにネット上では、この事故を引き合いにしながら、

「ほんと軽率だと思います...」
「亡くなった人出てるのに平気でネタにするのが許せん」

と番組側を批判するユーザーの姿も目立っていた。

J-CASTニュース

トピックスRSS

ランキング