マツコが「マジでうまい」と唸ったカップラーメンちょい足しレシピ 試したらすんごかった!

東京バーゲンマニア / 2019年1月10日 20時16分

写真

マツコ・デラックスさん(2015年撮影)

マツコ・デラックスさんが「マジうまい」と唸った「カップラーメン」のアレンジレシピを、東京バーゲンマニア編集部で実践してみました!

「蒙古タンメン中本 辛旨味噌」×「納豆」

2019年1月8日放送の「マツコの知らない世界」(TBS系)で、カップラーメンの特集がありました。「日本一のインスタント麺マニア」として、同番組に3度目の出演となった大山即席斎さんが出演しました。大山さんはこれまでに1万5000食のカップラーメンを食べ、そのフタや容器を収集しているというマニアぶりです。

大山さんがSNSで話題になっているアレンジレシピを紹介するコーナーで、マツコさんがもっとも興奮したのが、セブンプレミアムのカップラーメン商品「蒙古タンメン中本 辛旨味噌」に「納豆」を加えるというものです。

食べる前は「えー!?」「3人ぐらいが(SNSに)書き込んでいるんじゃないの?」と疑いの目を向けていたマツコさん。ところが、ひと口食べて「あーうまい」とひと言。「マジうまいんだけど」「みんなやれよー」と絶賛していました。

さらには、「もう2個ぐらいいいかも」と納豆を2パック追加。「(ラーメンに)辛味が加わることで、納豆と対等の勝負ができる」とパクパク。

この組み合わせについて、大山さんは「つゆは味噌ベース、豆腐も大豆系なので合うのでは」とコメントしています。

でも、実際のところどうなのでしょうか。放送後、ツイッターでは「納豆か・・・」「ありなんかなぁ」と懐疑的な声も。そこで、"納豆好き"東京バーゲンマニア編集部記者も試してみました。

納豆は何パック入れるのがベスト?

さっそく近くのセブン-イレブンで「蒙古タンメン中本 辛旨味噌」(204円)と「極小粒納豆 3個入」(73円)を購入。合計で300円以内とお手頃です。

まずは「蒙古タンメン中本 辛旨味噌」のみで試食。同封の「辛味オイル」を入れると、スープが赤く染まりました。ちょっと唇がヒリヒリするような辛さですが、味噌と麺の相性が抜群で、スルスルと箸が進みます。

次に、「極小粒納豆」を1パック入れてみました。カップラーメンにしっかり味がついているので、同封されていた「醤油だし」と「カラシ」は入れませんでした。

麺にこんもりとのっていた納豆は、混ぜると視覚的にはわかりづらいほどになりました。ひと口食べてみると、ほのかな納豆の風味が感じられました。

ただ、これでは「納豆好き」の女性記者にはもの足りず。もう1パック追加です。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング