100億円超の流通規模を誇るポイント交換プラットフォーム「ポイント・コンセント」がiBankの「myCoin」で採用されました。

News2u.net / 2019年3月18日 16時0分

ジー・プラン株式会社 (本社:東京都品川区 代表取締役社長 粟冠 徳幸/以下、ジー・プラン)は、ポイントサービス「myCoin」を運営するiBankマーケティング株式会社 (本社:福岡県福岡市 代表取締役社長 永吉 健一)に向けて、ポイント交換プラットフォームサービス「ポイント・コンセント」の提供を開始しましたのでお知らせします。

これに伴い2019年3月18日より、「myCoin」の交換提携先に新たに4銘柄が追加されます。
ジー・プランは、「ポイント・コンセント」を通じて、引き続きiBankマーケティング株式会社のポイント提携をサポートしてまいります。

(50音順) ※4/1~交換開始
・Oki Dokiポイント
・ワールドプレゼント
※株式会社福岡銀行・株式会社FFGカードが発行するクレジットカードが対象となります。

(50音順)
・JRキューポ(SUGOCA)
・dポイント

【ポイント・コンセントとは】
ポイント交換を実現したい企業が、シングルインターフェースで複数企業とのポイント交換を実現するためのプラットフォームサービスです。他社とのポイント交換における提携交渉から交換環境の構築、会員認証やデータ運用、精算代行までワンストップで実現し、システムリソースおよび運用リソースの軽減に貢献します。
サービス名は、コンセントにプラグを差し込めば電源が入るように、ポイントプログラム運用企業が「ポイント・コンセント」に自社のシステムをつなぐだけで、他社とのポイント交換を簡単に実現できるイメージから名づけています。

2007年よりポイント交換のアウトソーシング事業としてスタートした同事業は、クレジットカード会社やエネルギー系事業者、共通ポイントや電子マネー事業者等大手の人気ポイントを中心に、2018年11月30日時点で200接続以上を実現しており、流通額は2018年度に130億円を突破する見込みです。
ジー・プランは、今後も「ポイント・コンセント」を提供することで、企業のポイント交換やマーケティングにおける課題を解決致します。

<ポイント・コンセントは下記のような課題を解決します>
・自社ポイントの魅力をアップしたい
・他社に比べてポイント利用先が劣るので解消したい
・ポイントをフックに他社から集客を図りたい
・ポイント交換の開発・運用負荷を軽減したい
・ポイント負債を軽減したい


【iBankマーケティング「myCoin」とは】
株式会社ふくおかフィナンシャルグループの関連会社「iBankマーケティング株式会社」が運営するポイントサービスです。
従来はiBank社が運営するWallet+(ウォレットプラス)※1のメイン口座として登録されたDebit+(デビットプラス)※2の利用などで貯まるポイントサービスでしたが、2019年4月より上記に加えて、給与・年金の受取、資産運用に関する相談など、 FFG傘下行(福岡銀行・熊本銀行・親和銀行)が提供する様々なサービス利用シーンに応じてmyCoinを貯めることができるようになります。

※1.Wallet+(ウォレットプラス)・・・沖縄銀行/熊本銀行/親和銀行/福岡銀行/の銀行口座と連動し残高・収支管理ができるスマートフォンのアプリケーションです。
※2.Debit+(デビットプラス)・・・熊本銀行/親和銀行/福岡銀行の発行する国際ブランドデビットカードです。

<本件に関するお問い合わせ先>
ジー・プラン株式会社 広報担当:鈴木
E-Mail:pr@g-plan.net

News2uリリース詳細へ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング