東大・上野千鶴子教授の辛辣祝辞「あからさまな性差別」マスコミもひどい・・・いまだ数少ない女性役職者

J-CASTテレビウォッチ / 2019年4月19日 19時17分

この男、慶應大学時代の2年先輩で、3人制バスケットボールチーム「TOKYO DIME」の岩下達郎(30)だという。上原は直撃に、「お友だちです」と答えているが、なかなかいい雰囲気のようである。

フライデーは、NHKの朝の顔、博多大吉(48)と、朝日放送出身でフリーアナウンサーの赤江珠緒(44)が、青山の公園で、お花見をしながら、芝生に仲良く寝っ転がっている姿を掲載している。フライデーによると、その日の4日前にも、六本木あたりを歩いていた2人が目撃されているという。ともに結婚しているから「W不倫」という気配が漂うが、もしそうなら朝の顔失格となるのだろうか。

北朝鮮が「現地妻ビジネス」5万ドル払うと美女100人から選りどり見どり!経済制裁のがれの外貨稼ぎ

アサヒ芸能に凄いことが載っている。北朝鮮が現地妻ビジネスを始めたというのである。北朝鮮とビジネスをしている中国人起業家が、今年になってから、北朝鮮当局のお達しで、ビジネスなどで北朝鮮に長期滞在する外国人男性と北朝鮮の女性が結婚できるようになったというのだ。

もちろん、結婚しても外へは連れ出せないから、現地妻という形になるのか。希望する外国人男性は北朝鮮側の機関に申請するのだが、このとき、米ドルで5万ドル(約550万円)を払う。するとリストが100人分送られてきて、好みの女性を10人に絞り、お見合いするというのである。結婚が決まると、彼女には毎月600ドル(約6万6000円)を払わなくてはいけないそうだ。

経済制裁で困った北朝鮮が、女性を使って外貨を稼ごうと考えたというのだが、これを読んでも、真偽のほどは分からない。

週刊文春が、中居正広があちこちでSMAP再結成を匂わせているのは、ジャニーズ事務所に居残ることを中居は決めたのだが、それがわかってファンが猛反発するのを恐れ、二枚舌を使っているのだと報じている。

やはり週刊文春が、資生堂の33歳の社員が「君をCMや広告に使いたい」といってモデルになりたい女性を篭絡し、肉体関係を強いていたと報じている。その他にも、甘言を用いて、グラビアアイドルにエレベーターの中でキスをしたり、胸や股間を触ったという。資生堂側は同名の社員がグループ会社にいることを認め、「事実関係を確認している」と答えている。

週刊文春が珍しく褒めた新聞記事―毎日新聞が追及!ヤバい「首相面談記録」は片っ端から廃棄

このところの日韓関係は最悪だが、週刊新潮によれば、経済も最悪だそうだ。韓国経済を牽引するサムソン電子の2019年第1四半期の営業利益が、前年同期比で60・4%も減ったそうだ。今年2月の国税収入も12兆1000億ウォン(約1兆2000億円)で、前年同月から1兆3000億ウォン減った。15~29歳の青年層の失業率も厳しく、公務員試験準備中やアルバイトを含めた「体感失業率」は25・1%にもなるそうだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング