全盲セーラー、初の無寄港太平洋横断に成功

J-CASTニュース / 2019年4月20日 11時49分

小型ヨットで米西海岸から太平洋横断を目指していた全盲のセーラー、岩本光弘さん(52)が2019年4月20日朝、ゴールの福島県いわき市の小名浜港に到着した。

岩本さんは、健常者の米国人男性とともに2月24日、全長約12メートルの「ドリームウィーバー号」で米サンディエゴを出港。目が見える人が風向きなど状況を説明しながら、全盲の人がヨットのかじと帆を操る「ブラインドセーリング」で、無寄港で太平洋横断に成功したのは初めて。

岩本さんは13年6月、フリーアナウンサーの辛坊治郎氏(63)と太平洋横断に挑戦したが、出港から6日目にクジラと衝突して断念していた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング