山本太郎氏、れいわ新選組ツイッターが「ロックされました!」 原因は演説動画?

J-CASTニュース / 2019年5月23日 20時58分

写真

山本太郎氏のツイートより(画像一部加工)

山本太郎・参議院議員は2019年5月23日、ツイッターを更新し、自身が代表を務める政治団体「れいわ新選組」の公式アカウントが「ロックされました!」と訴えた。

投稿によると、ツイートができない状態で、異議申し立て中。動画の内容が「自殺や自傷行為を助長または推奨することを禁止するルールに違反」しているという。

山本氏「これのどこが自殺を助長してる?」

れいわ新選組のアカウントをスマートフォンから見ると、冒頭にあるとみられる投稿の代わりに、「このツイートは表示できません」との文字が表示されているのが確認できる(PCでは表示自体が見えなくなっている)。キャッシュ情報などによると、見られない投稿は、【生きていて良かったと思える社会を_神戸街宣より】と題した固定ツイートの動画とみられる。山本氏は23日の投稿で、この2分7秒の動画を添付したうえで、

「これのどこが自殺を助長してる?30万回再生も拡散されたのは不都合?よく観てみ?Twitter Japan (株)さん @TwitterJP」

と疑問を投げかけた。

この演説動画で山本氏は、「1年間で2万人くらい人が死んでるんですよね、自殺で」と言及し、「異常ですよ。戦争も紛争も起こってないのに。生活が安定していたらこんなことになる?まず基本的に働き方にもっと余裕があったとしたらこんなことになる?」などと語りかけた。「15歳から39歳くらいまでの間の死因の1位自殺ですって」とデータを紹介し、「『自分は生きてていいのか?』って生きててくれよ。死にたくなるような世の中やめたいんですよ」と呼び掛けていた。

その後も、「死にたくなるような世の中を作ってきたのは政治なんですよ。死にたくなるような世の中を作ってしまったのが政治に参加したり、しなかったりっていうような集合体なんですよ」などと持論を展開。「だったらやりましょうよって。死にたくならないどころか生きてて良かったって思えるような社会を政治を通して作ってみよう」と主張していた。

ツイッター社ヘルプセンターのページによると、「一般的なガイドラインとポリシー」の項目にある「自傷行為や自殺の賛美」のページで、「自殺や自傷行為を助長または推奨することはできません」と定めており、例として、「カッティング」「摂食障害」「自らの命を絶つ行為」などを挙げている。同ページでは、「自殺や自傷行為を賛美または推奨していないコンテンツの場合でも、センシティブなツイートとして扱われることがあります」とも記している。

【24日追記】れいわ新選組の公式アカウントは24日12時40分ごろ、ツイッターを更新し、「ロックが解除されました」と明かした。異議申し立てが通り、解除になったという。

(J-CASTニュース編集部 田中美知生)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング