車いすアイドル・猪狩ともか、入院・手術を報告 「背骨を固定しているボルトを...」

J-CASTニュース / 2019年6月12日 16時6分

写真

2019年2月、黒瀬サラさん、橋本友梨英さん、水野ふえさんとともにJ-CASTニュースを訪問した猪狩ともかさん

アイドルグループ「仮面女子」のメンバーの猪狩ともか(27)がブログで、再入院と背骨を固定しているボルトを除去するための手術を受けることを明かした。

猪狩さんは2018年4月11日事故で脊髄を損傷し、車いす生活に。現在も治療を続けながら「車いすアイドル」として活動している。

「頑張ってくるよ~」

猪狩さんは2019年6月11日にブログを更新し、

「6月上旬の仕事を納め、明日から、わたくし、入院してきます!!!!!!」
「先月、血液検査やCTなど手術前の必要な検査をしました。明日入院して、明後日手術です」

と12日に入院し、翌13日に手術を受けることを報告した。入院・手術の目的については、

「ドラマ『パーフェクトワールド』の劇中でも同じような話がありましたが、背骨を固定しているボルトを抜く為です」

と、説明。現在放送中のドラマ「パーフェクトワールド」(フジテレビ系)の第1話で松坂桃李さん(30)演じる車いすの建築士の主人公・鮎川樹が自身の背骨に埋め込まれていたボルトを山本美月さん(27)演じるヒロインの川奈つぐみが発見するシーンがあったが、これと同じようなものだという。

猪狩さんはファンに向け、

「何か悪いものが見つかったとかじゃないから安心してね」

と呼びかけつつ、

「とは言え『手術』ってワードにはドキドキ緊張してしまうね」
「頑張ってくるよ~~!!!!!!」

と気丈につづっていた。

この投稿に猪狩さんのブログには、

「頑張れ!手術が無事終わりますように」
「頑張ってください。復帰、楽しみに待っています」

というエールが多数寄せられていた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング