データサイエンス自動化プラットフォーム 「dotData Enterprise」と「dotDataPy」をバージョンアップ~特徴量設計とAutoML(機械学習自動化)を強化しデータサイエンスを加速

News2u.net / 2019年8月7日 10時0分

テキストデータの特徴量設計、AutoMLにおけるディープラーニング機能、より柔軟でセキュアなHadoopデプロイの機能等を強化

エンタープライズ向けにデータサイエンスプロセス全体の自動化・運用化を提供する最初で唯一の企業であるdotData, Inc.(カリフォルニア州サンマテオ)は、「dotData Enterpriseバージョン1.6」および「dotDataPyバージョン1.2」をリリースしました。このバージョンアップにより、両製品のデータサイエンス自動化プラットフォームが大幅に強化され、より深い洞察、柔軟性、セキュリティの高いデプロイメント等が提供されます。なお、日本では2019年10月販売開始の予定です。

dotDataは、独自の人工知能(AI)技術を利用してデータサイエンスプロセスを自動化することによって、従来、熟練した人材による広範囲な手作業を必要としていたデータサイエンスプロジェクトの生産性を劇的に向上させるソリューションを提供します。dotData, Inc.は2019年第2四半期の機械学習自動化(AutoML)に関するフォレスターのForrester New Waveレポート(The Forrester New Wave(TM): Automation-Focused Machine Learning (AutoML) Solutions, Q2 2019)において、「リーダー」として認定されました。

dotData, Inc.の創設者でありCEOの藤巻遼平は、次のように述べています。「本アップデートにおける最も優れた機能強化の1つは、テキストデータを他の種類のデータソースと組み合わせた上で特徴量を設計できることです。この新機能によって、多くの企業は内部に蓄積するビジネス文書から様々な価値を引き出すことが可能になります。もう1つの注目すべき機能強化は、AutoMLでTensorFlowやPyTorchなどの高度なディープラーニングフレームワークをサポートしたことです。また、これらの非線形なモデルに対しても透明性を確保するための機能が実装されました。」

dotData Enterpriseバージョン1.6およびdotDataPyバージョン1.2の主な強化機能は次のとおりです。

【テキストデータの特徴量自動設計】
新バージョンでは、テキストデータの特徴量自動設計をサポートし、コールセンターに蓄積されるお客様からのフィードバック、営業報告書、会議議事録など、企業にとって重要な、しかし分析が難しいテキスト情報を扱えるようになりました。本機能は、従来の「静的」なテキストデータはもちろんのこと、テキストトランザクション、位置情報付テキスト、時間情報付テキストなど、テキストと他の情報を組み合わせることで特に真価を発揮し、従来は得られなかったビジネスの洞察を企業にもたらします。

【ディープラーニングのAutoML】
新バージョンは、AutoML機能の一部として、TensorFlowやPyTorchなどの最先端のディープラーニングフレームワークをサポートします。これにより、データサイエンティストも「市民」データサイエンティストも、高度なニューラルネットワーク手法を素早く試すことができるようになります。さらに、「ブラックボックス」化しがちな高度な機械学習モデルの透明性を向上させるために、Permutation Importanceなどの特徴量検証方法が利用可能になりました。

【より柔軟でセキュアなHadoopデプロイメント】
dotData Enterpriseバージョン1.6では、お客様がすでに導入済みのHadoop環境にdotDataをデプロイ可能となり、既存のITインフラストラクチャを活用してdotDataを導入することができます。さらに、バージョン1.4でサポートされたKerberos保護に加えて、バージョン1.6は企業データを保護するためのより高度なHadoopセキュリティオプションをサポートします。

【透明性向上のためのその他の機能強化】
新バージョンでは、その他にも重要な機能強化が実装されました。例えば、「進行状況の可視化」はタスクステータスを可視化し、より詳細な状況をユーザーが把握することができるようになります(これはマルチユーザーの環境で特に重要になります)。さらに、モデルインサイト機能として、様々な指標に関して機械学習モデルの比較分析が可能となり、ユーザーはモデルの挙動をより深く理解することができます。


dotData EnterpriseやdotDataPyの詳細およびデモについては、www.dotdata.comにアクセスしてください。


<dotData, Inc.について>
dotData, Inc.はデータサイエンスプロセス全体の自動化に焦点をあてた、世界初にして唯一の企業です。dotDataは、フォーチュン500を含む様々なお客様へ、機械学習およびAIプロジェクトを加速させることによって、より高いビジネス価値を提供しています。dotDataの自動化 されたデータサイエンスプラットフォームは、生のビジネスデータから、特徴量設計、機械学習まで、データサイエンスのプロセス全体を加速・民主化・拡張・運用化することで、価値実現までの時間を短縮します。データサイエンティストと市民データサイエンティストの両方のニーズに応えるように設計されたソリューションによって、dotDataはお客様の組織全体にわたる価値を提供します。

特徴量設計を備えたdotData独自のAIは、リレーショナル、トランザクション、時間情報、位置情報、テキストデータから実用的なビジネスインサイトを提供します。dotData, Inc.は2019年第2四半期の機械学習自動化(AutoML)に関するフォレスターのForrester New Waveレポート(The Forrester New Wave(TM): Automation-Focused Machine Learning (AutoML) Solutions, Q2 2019)において、「リーダー」として認定されました。更に、2019年のAI breakthrough awards で「best machine learning platform」を受賞し、ビッグデータの分野でCRNによって「emerging vendor to watch」(注目すべきベンダ)との評価を得ました。詳細については、www.dotdata.comにアクセスしてください。Twitter( https://twitter.com/DotDataUS)、LinkedIn( https://www.linkedin.com/company/dotdatainc)でも情報を発信しています。


<本件に関するお問い合わせ先>
dotData,Inc.
E-Mail:contact-j@dotdata.com

News2uリリース詳細へ
関連URL: https://dotdata.com/

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング