<新聞記者> 大学新設の裏に内閣府の陰謀と2つの怪死事件!義憤にかられる官僚と女性記者・・・権力の犯罪暴けるか

J-CASTテレビウォッチ / 2019年8月10日 10時0分

ある新聞社にリークされた文書には、内閣府が主導する大学新設の骨子がつづられていた。情報の確認を任されたのは、公権力に肉親を奪われた過去を持つ若手の女性記者、吉岡エリカ(シム・ウンギョン)だった。

初めは、全体像が分からぬまま取材を続ける吉岡だったが、ようやく関係者にたどり着いたと手応えを得ると、上から取材のストップを命じられる。及び腰になる上司と納得がいかない吉岡は、次第に半目するようになる。

キーマンは内閣府情報調査室に出向中の若手官僚、杉原(松坂桃李)だった。大学設立を目論む内閣のスタッフがなぜなのかと訝しむ吉岡だったが、杉原もまた、尊敬する上司の突然の死を探るうちに吉岡にたどり着いたのだった。

本当にあったあの疑惑がモチーフ―追い詰められていく松坂桃李の恐怖感に見応え

中盤以降、加速度的にハラハラドキドキが増し、面白くなっていく。クライマックスは、それぞれ組織に背き、物的証拠を得るべく連携する主人公2人の決死のアタックだ。とくに、恐怖と義憤で鬼気迫る松坂の演技は、手に汗握らされる。

最近の時事ネタをなぞっているので、事件の真相的な好奇心が満たされる一方で、事実に基づくフィクションという空気感が出過ぎている印象もあった。実際の騒動と重ねやすいから、視聴する側のリテラシが試されるのも事実だ。

それを考慮しても、ラストシーンの松坂の「一夜にして10歳老けた」感は必見である。実名を出す出さないに関わらず、見る人が見れば誰がリークしたかは必ずわかる。大きな組織であればあるほど、その影響力は計り知れない。

もちろん、報じた記者もダメージを受けるし、その恐怖に光を当てた映画はこれまでにもあった。ただ、比較的に言論の自由に近い場所にいる彼ら彼女らに対し、協力者の感じる恐怖はどれほどか。演技でもってその恐怖を示しきった松坂は、一見の価値あり。

もう一人の主演・シム・ウンギョンは、表情や演技は迫真であったが、ところどころイントネーションに気がそがれてしまった。日韓ハーフで米国育ちという設定とはいえ、彼女でなければいけなかったと思わせるまでには至っていなかった。

余白を残したラストを救いととるか、不吉な未来を想像するかは、観客次第だ

ばんふぅ

おススメ度☆☆☆

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング