日本企業が「嫌韓放送」している  韓国で「#さよならDHC」拡散

J-CASTニュース / 2019年8月12日 14時28分

写真

JTBCの10日放送回より

韓国の放送局「JTBC」は2019年8月10日、化粧・健康食品会社「DHC(ディーエイチシー)」(東京都港区)が嫌韓的なインターネット番組を放送しているとして、同社を非難した。

韓国では「#さよならDHC」とのハッシュタグが拡散している。

DHC韓国法人の見解は?

韓国の大手紙・中央日報系のJTBCは10日、11日の2日間にわたって、DHC子会社「DHCテレビ」が制作するネット番組「真相深入り! 虎ノ門ニュース」を取り上げた。

10日の放送では、同番組の出演者が韓国を見下したり歴史を歪めたりする発言をしていると紹介。元航空自衛隊空将・織田邦男氏の7月30日放送回での「(日本政府の韓国向け半導体輸出規制強化に端を発する日本製品の不買運動について)かの国は熱しやすく冷めやすいので同じ土俵に乗って日本がわいわい言うんじゃなくて静かに見ている(のが一番いい)」との発言や、作家・百田尚樹氏のハングルをめぐる歴史観などについて問題視している。

JTBCはDHCの韓国法人に見解を求めたが、「何も話すことはない」と回答している。

翌11日の放送では、前述の発言以外にも道理に反した内容が数多くあるとし、今度は8月8日放送回でのジャーナリスト・有本香氏の「GSOMIA(日韓の軍事情報包括保護協定)から離脱するといっているが、もし本当にやったら文在寅(ムンジェイン)は消されるとまで言われている」との発言などをやり玉に挙げた。

韓国・誠信女子大学の徐敬徳(ソ・ギョンドク)教授は11日、フェイスブックなどでハッシュタグキャンペーン「#さよならDHC」を開始。12日昼現在、インスタグラムでは約450件投稿されている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング