日韓合意に反対する集会、ソウルで相次ぎ開催

読売新聞 / 2019年8月14日 19時28分

 【ソウル=岡部雄二郎】韓国の 文在寅 ムンジェイン 大統領は14日、慰安婦問題について、「平和と女性の人権に関するメッセージとして国際社会と共有し、広げていく」と自身のフェイスブックに書き込んだ。日本政府に対する直接の批判はなかったが、韓国政府として引き続き慰安婦問題を国際世論にアピールしていく考えを示したものだ。

 14日は、昨年から始まった韓国の法定記念日「日本軍慰安婦被害者をたたえる日」にあたる。ソウル市内では、慰安婦問題の「最終的かつ不可逆的」な解決を確認した2015年末の日韓合意に反対する集会などが相次いで開かれた。

 ソウル中心部の観光名所・ 南山 ナムサン には、元慰安婦をイメージした4体の像が新たに設置され、除幕式が行われた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング