「サクバタ」「ぷるシュー」「モチーズ」 ローソン人気スイーツに新フレーバー登場したよ。

東京バーゲンマニア / 2019年8月28日 21時0分

写真

2019年8月27日、ローソンに注目のスイーツが3商品登場しました。

人気シリーズ「サクバタ」「ぷるシュー」「モチーズ」の新フレーバーです。

シュー生地の中でプリンを作ってる!?

●サクバタ サクッとバターサンド ベリベリチーズ

今年6月に登場し、早くもシリーズ累計300万個を販売しているサクバタ。分厚いバタークリームを、サクサクした食感のクッキー生地でサンドしたスイーツです。

今回の「ベリベリチーズ」は、フリーズドライストロベリー入りのチーズバタークリームに、ごろごろしたクランベリーを挟んだ甘酸っぱいバターサンドになっています。

記者も食べてみましたが、まろやかでコク深いバタークリームの中で、ベリーの酸味がアクセントになっていて、おいしかったです。クッキー生地は硬めでサクサク。食べ応えがありました。

価格は230円。

●ぷるシュー ぶるるんとしたプリンシュー

生地も中のプリンもぷるるんとしたシュークリーム「ぷるシュー」にプリン味が登場です。シュークリームの中にプリンを挟んだのではなく、生地を焼き上げたあとにプリンのもとを生地に注入して冷やし固めています

手にとってみると、重みがあります。中のプリンは甘さ控えめで、卵の風味が引き立った、昔懐かしい素朴な甘さでした。上にかかっているカラメルソースがおいしかったです。生地の外側にコーティングされたカラメルゼリーは甘めで、全体でもカラメルカスタードプリンの味わいを表現しているようでした。

価格は195円。

不思議なもちもち食感

●モチーズ もちもち~ず チョコ

モチーズは、白玉粉を使用し、もちもちでのび~る食感が特徴のスイーツです。今回のチョコ味は、チョコレートとクリームチーズを練りこみ、ビターな味わいのココアパウダーをまぶしています

口に含むと、すぐに溶けていきます。見た目はミニチョコ大福ですが、チーズでもなく、餅でもない、不思議ななめらかさともちもち感です。中のクリームもしっかりしていて、全体的に甘くておいしかったです。

価格は2個入りで140円。

なお、「サクバタ」と「ぷるシュー」は沖縄県での販売はありません。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング