バスケの八村塁って「白戸家」のお兄ちゃんだったの?ソフトバンクCMに登場

J-CASTテレビウォッチ / 2019年8月30日 13時27分

全米プロバスケットボールのプレーヤーの八村塁選手が、ソフトバンクのCM「白戸(しらと)家」シリーズに登場する。ショッピングセンターで買い物中の北海道犬の白戸家のお父さんと樋口可南子のお母さんと話しているお兄ちゃん(ダンテ・カーヴァー)が、八村と体が入れ替わる設定だ。

お父さんはびっくり「お前、すごくでかくなってないか?」

どこか上の空のお兄ちゃんに、お父さんが「おい、聞いてるのか!」と叱ると、お兄ちゃんが八村に変身する。お父さんはびっくりで、「お前、すごくでかくなってないか?」

お母さんは「八村さん!」と大喜びなのだが、すぐに元のお兄ちゃんに戻ってガッカリするが、再び八村に変り、お父さんから「変わり過ぎだろ!」とツッコミが入る。画面は八村のアップとなり、「世界は変わる。準備はいいか?」というキャッチコピーが入る。

撮影は7月下旬(2019年)に行なわれ、八村はセリフをしゃべったあと吹き出してしまったりで、撮り直しになったという。「5G白戸家」篇(15秒・30秒)として、あす31日(2019年8月)から放映される。(テレビウォッチ編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング