【ロッテ】井口監督「勝利を届けられてよかった」 台風15号被災者への思い胸に逆転勝利

スポーツ報知 / 2019年9月11日 22時36分

ロッテは台風15号の被災地域の早期復興を願い「ファイト!千葉」のロゴを製作した

◆ロッテ6―4オリックス(11日・ZOZOマリン)

 ロッテが3点差を逆転して3連勝を飾った。「ALL for CHIBA」の真っ赤なユニホームで臨んだ一戦で今季最多の貯金3とし、3位を死守した。井口資仁監督(44)は「こういう巡り合わせというか、CHIBAユニで勝てたのが本当に大きい。まだ停電とか断水とかが続いている知り合いもいて、『お風呂に入れない』とか(被害を)聞いている。一日も早く復興してほしいなと思っていますし、今日は千葉で試合して勝利を届けられてよかった」と言葉を残した。

 9日に台風15号が千葉県内を襲った。秋季キャンプ地の鴨川市内なども甚大な被害を受けた。球団関係者の中にも被災した家族がおり、県内各地では断水や停電が続く地域もある。

 球団は試合前、早期復興を願って「ファイト!千葉」のロゴの製作を発表し、チームが県民とともに一丸となって戦う姿勢を打ち出した。

 先発のドラフト3位・小島が7回3失点で3勝目をマーク。「被害に遭われた方たくさんいる中で今日のCHIBAユニを着ての試合はルーキーらしく一生懸命投げているところを見てもらいたかった」と熱い思いを明かせば、決勝の2点適時打を放った岡も「今、被害に遭われている方々のためにも今日は勝ちたかった。皆さんに勇気を与えられるようにこれからも頑張っていきます」と力を込めた。

 13日からは首位西武との4連戦(メットライフ)が待ち受ける。「しっかり勝ち越してマリンに戻ってきたい」と井口監督。「ファイト! 千葉」の合言葉を胸にCS進出へ突き進んでいく。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング