指原莉乃「行かないと呪われるの?」 HKTの半数が出かけた「放生会」

J-CASTニュース / 2019年9月17日 19時17分

写真

「放生会(ほうじょうや)では、800メートルほどある参道に約500軒の露店が軒を連ねる(写真提供:福岡市)

福岡市を拠点に活動するHKT48のメンバーが次々に「放生会」に出かけたことをSNSに投稿している。HKT48メンバーの半分は足を運んでいる計算で、2019年4月末に卒業した指原莉乃さん(26)も「HKTメンバーは放生会に行かないと呪われるの?」とツイートするほど。

「放生会」は「ほうじょうや」と読み、「博多三大祭り」のひとつに数えられる(残り2つは5月の「博多どんたく港まつり」と7月の「博多祇園山笠」)。博多に夏の終わりと秋の訪れを告げる祭りでもあり、「夏の思い出締めが出来たよ」と書き込むメンバーもいた。

山笠で始まり、放生会で終わる博多の夏

放生会は「合戦の間多く殺生すよろしく放生会を修すべし」という神託によって1000年ほど前に始まったとされる。筥崎宮(福岡市東区)で毎年9月12日から18日にかけて行われ、800メートルほどある参道に約500軒の露店が軒を連ねる。19年は、2年に1度のみこし行列「御神幸(ごじんこう)」も行われた。露店の種類は、わたあめ、チーズハットグ、射的、金魚すくい、ヨーヨー釣り、バナナのたたき売り、お化け屋敷など多彩だ。

日韓合同ユニット「IZ*ONE(アイズワン)」専任でグループの活動を離れている宮脇咲良さん(21)と矢吹奈子さん(18)を除くと、HKT48の現役メンバーは54人。そのうち、少なくとも32人が19年の放生会に出かけたことをSNSで明かしている。

「放生会で推しに会えるなんて思ってもなかった」

会期中には延べ約100万人が訪れる。後輩の水上凜巳花(りみか)さん(16)を連れて出かけたという村重杏奈さん(21)は「人多くて3秒で帰りました」。本村碧唯(あおい)さん(22)や田島芽瑠(たしま・める)さん(19)は、浴衣姿でインスタ映えをアピールした。

18年11月に加入した5期生の共有アカウントは、

「かわいい飴ちゃん 可愛いチョコバナナちゃん キンキンのパイナップルちゃん 夏の思い出締めが出来たよ」

と書き込み、季節の移り変わりを実感している様子だった。豊永阿紀さん(19)は、「推しメン」に遭遇して

「やばいやばい 放生会で推しに会えるなんて思ってもなかった 一生分の運使い果たした」

などと顔文字つきでうれし泣きを表現した。豊永さんが遭遇した推しメンは、SKE48の谷真理佳さん(23)。谷さんは12年にHKT48に加入し、14年にSKE48に移籍。それ以降は名古屋を拠点にしているが、愛知県観光展のトークショーのために福岡に来ていた。

なお、指原さん本人は...?

こういった書き込みに、指原さんは

「HKTメンバーは放生会に行かないと呪われるの?」

と反応。

「でも放生会行きたくなっちゃうよね 楽しそう 行ったことないけど」

の声には、

「わかる 行ったことないけど」

と応じていた。

(J-CASTニュース編集部 工藤博司)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング